勢い増すロムニー氏、だが「投資会社」時代が攻撃対象に【米大統領選・専門家の見方】

米北東部ニューハンプシャー州で10日実施された共和党の大統領候補を選ぶ予備選では、穏健派のロムニー前マサチューセッツ州知事が緒戦のアイオワ州に続き連勝した。アイオワ州の党員大会は党員だけの投票だったが、ニューハンプシャー州は無党派も参加できる初めての予備選で注目されていた。

今回の予備選の結果について、みずほ総合研究所ニューヨーク事務所長の安井明彦氏は次のように分析している。以下要旨。

ニューハンプシャー州の予備選挙を経て、ロムニー候補の指名獲得の可能性がさらに上昇

ロムニー候補には「勝利確実」との期待値の高さがあったが、2つの観点でこれを上回る成果を獲得した。第一に、前回2008年を上回る得票率での勝利。いまだ過半数が「ロムニー不支持」ではあるものの、「得票率30%の壁」はクリアした。第二に、有力な対立候補はいぜん現れず、保守派からの「反ロムニー票」はギングリッチ候補とサントラム候補で分裂した。

ニューハンプシャーに勝負をかけたハンツマン候補もポール候補に遅れをとる格好となり、今後への勢いをつけるには物足りない結果。資金力・組織力の弱さを考えれば、ロムニー候補を脅かす存在となるのは困難。

次の予備選挙後であるサウスカロライナ州では、「反ロムニー票」の集結が焦点

ロムニー候補にとっては、サウスカロライナ州(1月21日)は必ずしも戦いやすい州ではないが、保守票の分裂が続く限り、30%台の得票でも勝利は可能。いわば08年のマケイン候補と同じ勝利の方程式。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT