勢い増すロムニー氏、だが「投資会社」時代が攻撃対象に【米大統領選・専門家の見方】

米北東部ニューハンプシャー州で10日実施された共和党の大統領候補を選ぶ予備選では、穏健派のロムニー前マサチューセッツ州知事が緒戦のアイオワ州に続き連勝した。アイオワ州の党員大会は党員だけの投票だったが、ニューハンプシャー州は無党派も参加できる初めての予備選で注目されていた。

今回の予備選の結果について、みずほ総合研究所ニューヨーク事務所長の安井明彦氏は次のように分析している。以下要旨。

ニューハンプシャー州の予備選挙を経て、ロムニー候補の指名獲得の可能性がさらに上昇

ロムニー候補には「勝利確実」との期待値の高さがあったが、2つの観点でこれを上回る成果を獲得した。第一に、前回2008年を上回る得票率での勝利。いまだ過半数が「ロムニー不支持」ではあるものの、「得票率30%の壁」はクリアした。第二に、有力な対立候補はいぜん現れず、保守派からの「反ロムニー票」はギングリッチ候補とサントラム候補で分裂した。

ニューハンプシャーに勝負をかけたハンツマン候補もポール候補に遅れをとる格好となり、今後への勢いをつけるには物足りない結果。資金力・組織力の弱さを考えれば、ロムニー候補を脅かす存在となるのは困難。

次の予備選挙後であるサウスカロライナ州では、「反ロムニー票」の集結が焦点

ロムニー候補にとっては、サウスカロライナ州(1月21日)は必ずしも戦いやすい州ではないが、保守票の分裂が続く限り、30%台の得票でも勝利は可能。いわば08年のマケイン候補と同じ勝利の方程式。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。