18歳投票権とネット活用で若年層軽視の政策を正せ

民主党では、18歳以上の国民、在外邦人、在日外国人は年2000円を支払えばサポーターになれ、2年に1度の代表選の投票権が与えられる。また、長野県小諸市では、定住外国人を含む16歳以上の住民に常設型の住民投票権を与えている。菅氏は「早ければ13年に18歳投票権を実現したい」と述べている。

若者のプレゼンスを高めるためのもう一つの試みとして、ソーシャルメディアなどを活用した双方向型選挙が有効だ。日本経済研究センターの研究チームが「情報発信型選挙」という興味深い提案を掲げている。

双方向型選挙の制度設計を

これは選挙管理委員が選挙前に有権者へアンケートなどを実施、争点を公表する。これを踏まえて候補者は意見発信を行う。当選後もこれらを基にした政策運営を行う。いわば、有権者主体の選挙であり、この研究チームを監修した竹内淳一郎氏(現・日本銀行)は「若年層の投票率改善は政策のひずみ解消からも急務。有権者が広く参加可能なインタラクティブ(双方向的)な制度設計を提言したい」としている。

現在、公職選挙法では候補者が選挙期間中ホームページを更新することを禁ずるなど、ネット選挙活動には法的制限が強い。が、片山善博前総務相が「(ネット選挙について)早くルールを決めたい」と発言をするなど、与野党とも前向きな姿勢で臨んでいる。すでに若年層では、ツイッターやフェイスブックなどで政治的議論が盛んに交わされている。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT