新型iPhoneに秘められたスペック以上の価値

最先端技術には頼らず、最高の体験を提供

そのアップルも、いよいよiPhone 6sで画素数を増やし、1200万画素のカメラへと進化させた。ただ画素数を増やしただけでなく、発生する光のノイズを抑えた、発色の良さをアピールした。画素数が増えたことで、スペック面ではフルHDの4倍の解像度となる4K動画の撮影をサポートした。他社製スマートフォンからはかなり遅れてのサポートとなる。

アップルは、必ずしもテクノロジーの最先端企業ではない。最新のスペックを真っ先に採用するメーカーではないからだ。しかしその代わり、iPhone 6s、iPhone 6s Plusで再生する際、動画の一部分を拡大できる仕組みを備え、4Kに対応しないディスプレイでの4K動画の楽しみ方を提案していた。

新たなカメラの価値の創造

このレンズの奥に秘密が隠されている

また、iPhone 6sでは、写真を撮影する際、1200万画素すべてで1.5秒の動画と音声を記録する新しい撮影方式「Live Photo」を実現した。簡単に言えば「ちょっと動く写真」である。静止画撮影時に1.5秒分の動画として撮影しておくのだ。

iPhoneで写真を閲覧する際、めくるたびに少し動き、前述の3D Touchで押し込めば、再生される。iPhoneだけでなく、iPadやMac、Apple Watchにも対応し、APIを提供する事で他のウェブサービスも対応できる。例えば、Facebookは今年中にLive Photoがニュースフィードで見られるようになるという。

高い画素数のカメラと高速なプロセッサで、どんな新しい価値が作れるか。スペック面ではない、体験に結びつけることができるか。スマートフォンで最も重要な機能は、テクノロジーの提案の仕方における「アップルらしさ」が、最も分かりやすく現れているといえよう。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • コロナ後を生き抜く
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権大研究<br>行方を占う5つのポイント

歴代最長の7年8カ月に及んだ安倍政権から何が変わるのか。「自助」好き、「経産省内閣」の継承の有無、解散総選挙など5つの観点で読み解きます。エコノミスト17人へ緊急アンケートを実施、経済見通しと課題も浮き彫りに。

東洋経済education×ICT