3年で黒字に転換させる

春田真・横浜DeNAベイスターズオーナー

 

モバゲー通貨と連動 球場への動員を図る

──どう観客を呼びますか。

肩ひじ張るのではなく、まず地元に根付くことで地道にやっていきたい。市内の商店街や交通機関へのベイスターズの露出を増やす。これまでやっていなかったわけではないが、徹底的にやる。選手獲得など球団内のことは社長に任せ、横浜市を含めた対外交渉は私が行う。

参考にしたい例は、日本ハムやソフトバンク。地元に密着し、プロ野球とは縁遠かった女性客の取り込みが進んでいる。広島もスタジアムの改装や清掃を強化したことにより、観客動員数を増やした。楽天は客単価の上げ方がうまい。球団と球場一体で運営し飲食の販売を増やすなど、チケット収入に依存しない収益モデルを築いている。

プロ野球はわれわれの既存事業と違ってフランチャイズビジネスなので、まねできるところはぜひまねしていきたい。

──ネット企業としての相乗効果は出せるのでしょうか。

当然、ゲームとの連動はやっていく。具体的には、球場に足を運べば、モバゲー上の通貨モバコインや特別なアイテムをもらえるなど動機づけを行う。これは横浜に足を運ばせるだけではなく、たとえば同じセ・リーグの阪神戦でもいえること。携帯電話は誰もが持っているわけだから、観客はモバゲーのメリットを受けられたほうがいいし、他球団にとってもいい話のはずだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT