高級ハンバーガーで日本再上陸、米ウェンディーズの勝算

高級ハンバーガーで日本再上陸、米ウェンディーズの勝算

フォアグラバーガー一つ、1280円──。米ハンバーガーチェーン3位の「ウェンディーズ」が2011年末、表参道店をオープンし、2009年12月以来、2年ぶりに日本再上陸を果たした。

新生ウェンディーズの最大の売りは高級食材を使った日本独自のグルメバーガーの数々だ。再進出に際して、すでに80種類以上の新メニューを準備、季節ごとに限定バーガーの投入を計画している。さらに、新店舗は内装にもこだわり、従来のファストフード路線とは大きく志向が異なる。

ウェンディーズが高級路線で再進出を決めた背景にあるのは、日本のハンバーガー市場の現状だ。市場規模は7000億円に上るが、その75%はマクドナルドが占拠している。生き残るには、同じ低価格で張り合うのではなく、別の強みで戦うしかない。

ウェンディーズが再進出を模索する中で白羽の矢が立ったのが実業家のアーネスト・比嘉氏だ。同氏は1985年に米「ドミノピザ」を日本で展開。日本人好みのトッピング開発など現地化を追求し、宅配ピザを根付かせた実績がある。

同氏も世界で6600店を運営するウェンディーズに興味を持った。このオペレーションのノウハウを用いて「レストランより気軽に入れて、ファストフードより高級な『ファストカジュアル』」(比嘉氏)という米国のトレンドを持ち込みたい、と双方の考えが一致した。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。