学校はなぜ「巨大組体操」をやめられないのか

"保護者が望んでいるから"は本当か?

それでいて、保護者から「巨大組体操をやめたほうがいい」という声が上がると、先生たちは「昔からやっている“伝統”だからやめられない」とか「保護者がみんなやりたがっているから、やめられない」っていうんです。

でもそもそも、始めるときは保護者の了解も得ずに巨大なものを作っておいて、いざ「やめろ」っていう声が出てくると、保護者のせいにして「やめられない」というのは不思議なことです。

先生を敵にまわすと僕の声が現場に届かなくなってしまうので、あんまり言わないようにはしているんですけれど。せこい!(苦笑)

観客に見えない場所の子ほど負荷がかかっている

――わたしもPTA関連の取材をしているとき、それはたまに感じます(苦笑)。それにしても、組体操以外では、一体感が生まれるものはないんでしょうか?

わかりやすい代替手段としては「ダンス」がありますよね。“見栄え”もいいですし。

立体ピラミッドも見栄えはいいんですけれど、顔が見えるのはいちばん前の子どもだけです。

画像を拡大
10段と11段のピラミッドで子どもたちにかかる負荷。観客から見えない後方の子はなんと4人分近い負荷がかかっている(出所:内田良氏の近著『教育という病』より)

最前列の子たちって、土台でも0.4人分しか重みがかかっていない。だからキリッと凛々しい顔を見せられるんだけれど、奥のほうの子たちは「うーーーーーーーっ!!!」って雄たけびみたいな声をあげながら、ただ耐え忍んでいるんです。

しかも、誰からも見えていない。タワーだって、てっぺんの子以外は全員観客にお尻を向けていますから、絵面的には全然よくないです。

――そろそろ秋の運動会シーズンですが、巨大組体操は減りそうですか?

画像を拡大
最近増加しているタワー型。ピラミッドより段数が低く見えるが、実は重度の障害が残ったケースが多い(出所:内田良氏の近著『教育という病』より)

たぶん減ってくるとは思うんですけれど、いま少し危惧しているのが、「ピラミッド以外ならいい」「巨大じゃなきゃいいだろう」という方向にいくんじゃないか、ということです。

実際、「ピラミッドはダメだから、タワーにする」っていう学校もあるんですけれど、タワーのほうがむしろ重度の障害が残ったケースが多いんですよ。肩の上に立つので、3段くらいでもけっこう高さがある。しかも崩れるとき、ピラミッドだと「ぐちゃー」って潰れていくんですが、タワーだと高いところから「すとん!」と壊れるので、落ちるエネルギーが大きいんでしょうね。

次ページそもそもの運動会の目的は何か
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT