日本精工・就活学生に贈るキラリと光るBtoB企業--国内首位のベアリングを軸に 海外27カ国141拠点を展開

日本精工・就活学生に贈るキラリと光るBtoB企業--国内首位のベアリングを軸に 海外27カ国141拠点を展開

1916年に日本初のベアリングメーカーとして創業した日本精工。家電や風力発電機、自動車、鉄道などの駆動部分に使われるベアリングの国内首位メーカーだ。ステアリングコラムなど自動車部品のメーカーとしても有数の規模。さらに機械の要素部品であるボールねじやリニアガイドでも高いシェアを握る。海外27カ国に拠点を構え、現在はアジア市場を開拓中。一部の部署では英語が公用語に採択されており、事業領域は世界に広がっている。

日本精工の採用活動は面接が中心だ。入社希望者は、合同説明会や社内説明会の後、ウェブ上でエントリー。筆記試験を挟みながら、1次面接(現場の課長や係長)、2次面接(人事部)、3次面接(役員)へと進む。内定者のうち約3分の1が事務系、3分の2が技術系だ。

事業企画室の片伯部杏子さん(2008年入社)は、学生時代、留学先のカナダで日本のメーカーの技術力の高さに気づいたことがきっかけで、日本精工に入社した。秘書室に3年間勤め、現在は海外子会社の経営管理を担当。「製品を通していろいろな産業に貢献できる。創業以来、社名も事業も一貫していて、安定感のある会社」と話す。

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT