日本精工・就活学生に贈るキラリと光るBtoB企業--国内首位のベアリングを軸に 海外27カ国141拠点を展開

 

日本精工では、入社2~3年目の若手社員が海外に赴任したり、出張に出掛けたりする例も珍しくない。携わる産業や地域が幅広いだけに、「自分で考え、途中であきらめない“自立型”の人材が必要」(人事部グローバル人事室の高岡和彦氏)という。社員が自ら学べるよう、若手から管理職に至るまで、年次や役職別にさまざまな研修を用意。内定者向けにパソコンや英語の通信教育を開講するほか、入社後は配属先にかかわらず半年間の工場実習を実施し、製造現場をじかに学ぶ機会を設けている。

「当社にはいろいろな仕事があり、各分野の専門家がいる」と高岡氏。「専攻を問わず、幅広い人材に門をたたいてほしい」としている。

 


日本精工の業績予想、会社概要はこちら

 

[+画面クリックで詳細チャートを表示 <会員登録(無料)が必要です>]


(小河 眞与 撮影:尾形文繁=週刊東洋経済 臨時増刊 就職氷河期に勝つ!)

※記事は就職氷河期に勝つ!執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 忘れえぬ「食い物の恨み」の話
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT