アマダ・就活学生に贈るキラリと光るBtoB企業--あらゆる製造業を支える金属加工機械の大手

 

志望者の中には卒業研究に多忙な技術系の学生も多く、内定から入社までは学業を優先させる。ただ、社内報を送付したり、新聞記事のリポート作成を課題に出したりして、入社までの意欲を持続できるよう働きかける。入社後には、導入研修として、マナーなどを学ぶ合宿研修と、アマダスクール研修を実施。6日間のアマダスクール研修では、全新入社員が機械に触れて使い方を学ぶ。さらに販売部研修や営業所実習、工場実習など、製造現場や自社の顧客について学ぶ機会も用意されている。

世界市場開拓に向けグローバル人材を育成

今後のアマダにとって、課題の一つがグローバル人材の育成だ。すでに売上高の過半は海外向け。特にアジアを有望市場に位置づけており、11年には上海に中国統括会社を設立した。生産拠点も日本、フランス、中国、アメリカと世界中に立地。技術系、事務系ともに、若手社員が海外で働く機会が増えている。このため、TOEIC受験費用(年2回)や語学教材費を補助するなど、社員の語学力向上には特に力を入れている。

「一般消費財のメーカーに比べて、アマダの事業はイメージが湧きにくいかもしれない。ぜひ説明会に来て、製品に触れ、当社を知ってほしい」と山崎室長。「主体性と創造力があり、世界に挑戦できるグローバルな人材に応募してほしい」と話している。

 


アマダの業績予想、会社概要はこちら

 

[+画面クリックで詳細チャートを表示 <会員登録(無料)が必要です>]


(小河眞与 =週刊東洋経済 臨時増刊 就職氷河期に勝つ!)

※記事は就職氷河期に勝つ!執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。