政局に翻弄され続けた腰砕けの派遣法改正


 だがその原点と現在の間には深い溝が横たわっている。08年冬、名だたるメーカーが非正規労働者を中心に猛烈な“首切り”を行った、いわゆる「派遣切り」のことだ。

仕事と同時に住まいも奪われた派遣労働者が東京・日比谷公園に集った惨状は、政権交代への大きな原動力となった。この教訓から盛り込まれたはずの製造派遣禁止規定の削除は、「あの派遣切りは何ら問題なかったのだというメッセージとなりかねない」(労働問題に詳しい弁護士)と懸念の声も上がる。

民主党最大の支持母体である連合の古賀伸明会長は会見で、苦渋の選択だと修正に理解を示した。が、「最重要法案」ですらこの腰砕けでは、来年の労使主戦場である有期労働契約法制での発言力低下は必至。政権交代への期待と同様、労働運動への求心力が失われることは避けられそうにない。

(本誌:風間直樹 撮影:吉野純治 =週刊東洋経済2011年12月10日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT