ユニクロができていない「基本中の基本」

セミオーダーシャツに大問題が隠れていた

胸囲や腰回り、首回り、裄(ゆき=首の背面中心から肩を通り袖口までの長さ)は人によって千差万別。細めか太めかということも加味すると、SMLなどの既製サイズでの対応には限界があります。この点、ユニクロの「きれいめシャツ」は生地と色を別にして、169通りのサイズパターンから、お客の好みの1枚を選べます。しかも価格は既製品と同じ2990円(税抜き)です。

オンラインストア限定で買える

実際にお客がこれを買おうと思ったら、ユニクロのオンラインストア上で、「レギュラー」「スリム」のいずれかのシルエットを選び、胸囲と腹囲から割り出したSMLのいずれかのボディサイズを選択。さらには首回りと裄丈を入力して、最後に生地や色を決めて注文します。早ければ注文日の翌日、ないしは2~5日前後で自宅に届きます。今のところは国内だけの取り組みとなります。

重要なポイントは、お客が「自分にとって最適なサイズの1枚を自分で選んで注文・購入する」ことにあります。ただ、オンラインストア上には、個人での採寸方法も写真入りの解説案内もありますが、素人が専門的なサイズを測るのは難しい。

スタッフの採寸サービスに問題あり

そうなると、お客はリアルなユニクロ店舗に頼りたくなります。実際、ユニクロ各店舗にある「きれいめシャツ」の店内POPには、「スタッフによる採寸サービス実施中」という表記がなされています。

問題はここです。実際は店によって採寸の対応がバラバラなのです。筆者は今回、東京都内のユニクロを5店舗回って「きれいめシャツ」のための採寸をスタッフにお願いしてみました。すると、店によって計測姿勢や計測場所、サイズの記入用紙はほとんど統一されていないことがわかりました。計測値にも大きなバラツキがあります。

次ページこれが採寸の実態だ!
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おカネと人生の相談室
  • 離婚のリアル
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • 内田衛の日々是投資
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ZOZOに立ちはだかる<br>「ゾゾ離れ」より深刻な課題

盤石だったZOZOの収益基盤が揺らぎ始めた。常時割引の有料会員サービスで混乱を招いたが、さらに深刻な事態が。今年度の通期業績が上場後初の営業減益になる見通しとなったのだ。上場以来最大の正念場を乗り越えることができるか?