100%のパッションがあれば何でもできる、99%ではダメだ--吉田潤喜・ヨシダグループ会長兼CEO

印刷
A
A


--パッションがあれば、おのずから道が開かれる。

ビジネスは真剣勝負。勝てば官軍、負ければ賊軍。ルールに従ったケンカだ。当然、駆け引きも必要になる。それがまた、日本人はヘタ。勝つために必死になるのは、はしたない、えげつないと思っている。
 
 出る杭は打たれる。「勝ち負けをつけず、みんな平等に」と言ってきた日本の教育にも問題があるのではないか。でも、それではビジネスの世界では勝てない。出る杭になってナンボだ。

大切なのは、何のために働くのか、ということ。僕はそう聞かれるとすぐに答える。「家族のために」と。長い間、会社のトップにしがみついているような人を見ると、「この人には家族がいないのか。のんびり家族旅行をしたり、孫の顔を見て過ごしたりする時間は必要ないのか」と思ってしまう。
 
 世の中でいわれている成功だけが、真の成功ではない。大切なのは、自分の人生に満足できるかどうかだ。
(聞き手:三上 直行 撮影:梅谷 秀司 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT