100%のパッションがあれば何でもできる、99%ではダメだ--吉田潤喜・ヨシダグループ会長兼CEO


--パッションがあれば、おのずから道が開かれる。

ビジネスは真剣勝負。勝てば官軍、負ければ賊軍。ルールに従ったケンカだ。当然、駆け引きも必要になる。それがまた、日本人はヘタ。勝つために必死になるのは、はしたない、えげつないと思っている。
 
 出る杭は打たれる。「勝ち負けをつけず、みんな平等に」と言ってきた日本の教育にも問題があるのではないか。でも、それではビジネスの世界では勝てない。出る杭になってナンボだ。

大切なのは、何のために働くのか、ということ。僕はそう聞かれるとすぐに答える。「家族のために」と。長い間、会社のトップにしがみついているような人を見ると、「この人には家族がいないのか。のんびり家族旅行をしたり、孫の顔を見て過ごしたりする時間は必要ないのか」と思ってしまう。
 
 世の中でいわれている成功だけが、真の成功ではない。大切なのは、自分の人生に満足できるかどうかだ。
(聞き手:三上 直行 撮影:梅谷 秀司 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT