100%のパッションがあれば何でもできる、99%ではダメだ--吉田潤喜・ヨシダグループ会長兼CEO


--パッションがあれば、おのずから道が開かれる。

ビジネスは真剣勝負。勝てば官軍、負ければ賊軍。ルールに従ったケンカだ。当然、駆け引きも必要になる。それがまた、日本人はヘタ。勝つために必死になるのは、はしたない、えげつないと思っている。
 
 出る杭は打たれる。「勝ち負けをつけず、みんな平等に」と言ってきた日本の教育にも問題があるのではないか。でも、それではビジネスの世界では勝てない。出る杭になってナンボだ。

大切なのは、何のために働くのか、ということ。僕はそう聞かれるとすぐに答える。「家族のために」と。長い間、会社のトップにしがみついているような人を見ると、「この人には家族がいないのか。のんびり家族旅行をしたり、孫の顔を見て過ごしたりする時間は必要ないのか」と思ってしまう。
 
 世の中でいわれている成功だけが、真の成功ではない。大切なのは、自分の人生に満足できるかどうかだ。
(聞き手:三上 直行 撮影:梅谷 秀司 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 地方創生のリアル
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
沸騰! 再開発バトル<br>「不動産好況」はいつまで続く

東京をはじめ、地方都市でも活況が続く都市再開発。人口減少時代に過剰感はないのか。ベンチャーの聖地を争う東急・三井両不動産、再開発で「浮かんだ街・沈んだ街」、制度を巧みに使う地上げ最新手法など、多方面から街の表と裏の顔を探る。