マスプロ電工の苦悩と再挑戦

地デジ特需後に非上場化

地デジ特需後に非上場化、マスプロ電工の苦悩と再挑戦

「あ~ん、見えすぎちゃって困るの~」──こんな歌が流れるテレビコマーシャルを覚えている読者も多いかもしれない。アンテナ、チューナー、ブースターなどテレビ受像関連機器で国内40%前後のトップシェアを誇るマスプロ電工が、1970年代に盛んに流していたコマーシャルだ。そのマスプロが大きな転機を迎える。MBO(マネジメントバイアウト)を成功させ、12月16日に上場廃止となるのだ。

マスプロの業績は最近まで絶好調だった。今年7月24日の地上波放送のデジタル完全移行(東北3県を除く)まで続いた「地デジ特需」が強烈な追い風となったためだ。

地デジで最高益だが 山高ければ谷深し

300億円台前半で推移していた売り上げは2010年3月期に349億円、11年3月期には448億円へと急拡大。09年3月期には6億円だった営業利益も、10年3月期に17億円、11年3月期に51億円と驚異的な成長を記録した。

四半期ごとの売り上げ、営業利益を見ると、テレビ受信用の共聴施設や集合住宅の改修が加速した10年度第3四半期が大きなピークとなっていることがわかる(グラフ参照)。こんな急成長を遂げた直後に、なぜ非上場化するのだろうか。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナ後を生き抜く
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT