マスプロ電工の苦悩と再挑戦

地デジ特需後に非上場化

地デジ特需後に非上場化、マスプロ電工の苦悩と再挑戦

「あ~ん、見えすぎちゃって困るの~」──こんな歌が流れるテレビコマーシャルを覚えている読者も多いかもしれない。アンテナ、チューナー、ブースターなどテレビ受像関連機器で国内40%前後のトップシェアを誇るマスプロ電工が、1970年代に盛んに流していたコマーシャルだ。そのマスプロが大きな転機を迎える。MBO(マネジメントバイアウト)を成功させ、12月16日に上場廃止となるのだ。

マスプロの業績は最近まで絶好調だった。今年7月24日の地上波放送のデジタル完全移行(東北3県を除く)まで続いた「地デジ特需」が強烈な追い風となったためだ。

地デジで最高益だが 山高ければ谷深し

300億円台前半で推移していた売り上げは2010年3月期に349億円、11年3月期には448億円へと急拡大。09年3月期には6億円だった営業利益も、10年3月期に17億円、11年3月期に51億円と驚異的な成長を記録した。

四半期ごとの売り上げ、営業利益を見ると、テレビ受信用の共聴施設や集合住宅の改修が加速した10年度第3四半期が大きなピークとなっていることがわかる(グラフ参照)。こんな急成長を遂げた直後に、なぜ非上場化するのだろうか。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • トランプ派メディアの実態
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。