ドル高に元安、新興国と資源国に追い撃ち

資金流出のおそれ、通貨危機再び?!

なお、経常黒字ではあるものの通貨安圧力がかかりやすい国として、韓国が挙げられる。経常黒字の背景には、中国の景気減速による輸出鈍化の一方で、内需低迷により輸入も減少している事情があり、景気の弱さが意識される。97年の通貨危機の記憶も残る昨今、外資系金融機関の存在感が大きいことも、そうした思惑を生みやすい。再び危機に陥る可能性は大きく後退しているが、中国経済や金融市場の動向に揺さぶられやすい状況が続きそうだ。

ちなみにインドは、14年後半以降の原油安の恩恵でフラジャイル・ファイブを脱し、モディ政権による構造改革への期待も高い。しかし、ここに来て、雲行きが怪しくなった。

モディ政権が掲げる構造改革のスピードが金融市場の期待ほどではないうえ、7月から始まった国会では、懸案のGST(財・サービス税)導入に関する法案審議が野党の反対で進まず、冬の国会に持ち越されることが決まった。土地収用法や労働法制の改正など、対内直接投資の呼び込みに不可欠な重要法案が目白押しの現状で、改革スケジュールの後ろ倒しは避けられず、海外投資家からの評価は損なわれよう。年明け以降比較的安定していたルピー相場に、再び下落圧力がかかることも懸念される。

これらの国々以外でも、大半の新興国や資源国は、ここ数年、中国経済との連動性を高めている。中国の景気減速の影響は免れず、当面は通貨安圧力がかかりやすい。今後の焦点はその耐久力次第ということになろう。

「週刊東洋経済」2015年8月29日号<24日発売>「核心リポート03」を転載)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT