ドル高に元安、新興国と資源国に追い撃ち

資金流出のおそれ、通貨危機再び?!

なお、経常黒字ではあるものの通貨安圧力がかかりやすい国として、韓国が挙げられる。経常黒字の背景には、中国の景気減速による輸出鈍化の一方で、内需低迷により輸入も減少している事情があり、景気の弱さが意識される。97年の通貨危機の記憶も残る昨今、外資系金融機関の存在感が大きいことも、そうした思惑を生みやすい。再び危機に陥る可能性は大きく後退しているが、中国経済や金融市場の動向に揺さぶられやすい状況が続きそうだ。

ちなみにインドは、14年後半以降の原油安の恩恵でフラジャイル・ファイブを脱し、モディ政権による構造改革への期待も高い。しかし、ここに来て、雲行きが怪しくなった。

モディ政権が掲げる構造改革のスピードが金融市場の期待ほどではないうえ、7月から始まった国会では、懸案のGST(財・サービス税)導入に関する法案審議が野党の反対で進まず、冬の国会に持ち越されることが決まった。土地収用法や労働法制の改正など、対内直接投資の呼び込みに不可欠な重要法案が目白押しの現状で、改革スケジュールの後ろ倒しは避けられず、海外投資家からの評価は損なわれよう。年明け以降比較的安定していたルピー相場に、再び下落圧力がかかることも懸念される。

これらの国々以外でも、大半の新興国や資源国は、ここ数年、中国経済との連動性を高めている。中国の景気減速の影響は免れず、当面は通貨安圧力がかかりやすい。今後の焦点はその耐久力次第ということになろう。

「週刊東洋経済」2015年8月29日号<24日発売>「核心リポート03」を転載)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
親子で話し合う<br>相続・終活・お墓

親子の3大難題を解決に導く決定版。相続で「もめない」23の鉄則、子や孫が助かる「生前贈与」のフル活用法、財前直見さんが勧める「ありがとうファイル」の作り方、「免許返納」で親を説得するポイントなど最新情報を満載。

  • 新刊
  • ランキング