ギリシャ総選挙は9月中旬にも実施か

10月実施を推す声も

 8月20日、ギリシャのチプラス首相は総選挙実施を発表する可能性がある。写真はアテネで同日撮影(2015年 ロイター/Stoyan Nenov)

[アテネ 20日 ロイター] - ギリシャのチプラス首相は20日中に総選挙実施を発表する可能性がある。国営メディアのERTが同日、報じた。

チプラス首相率いる急進左派連合(SYRIZA)内で新たな支援策の内容をめぐり対立が見られることで、9月にも解散総選挙が行われるとの見方が出ていた。

ある当局者は記者団に対し、議会で信任投票を行う計画は棚上げとなっており、9月中旬にも総選挙を実施する可能性が高まっていると指摘。チプラス首相はこの日、今後の対応について幹部らと協議するとした上で「すべては可能だ」と語った。

総選挙の日程としてERTは、急進左派連合内の一派は9月13日もしくは20日、別の一派は10月を推していると伝えている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT