ギリシャ総選挙は9月中旬にも実施か

10月実施を推す声も

 8月20日、ギリシャのチプラス首相は総選挙実施を発表する可能性がある。写真はアテネで同日撮影(2015年 ロイター/Stoyan Nenov)

[アテネ 20日 ロイター] - ギリシャのチプラス首相は20日中に総選挙実施を発表する可能性がある。国営メディアのERTが同日、報じた。

チプラス首相率いる急進左派連合(SYRIZA)内で新たな支援策の内容をめぐり対立が見られることで、9月にも解散総選挙が行われるとの見方が出ていた。

ある当局者は記者団に対し、議会で信任投票を行う計画は棚上げとなっており、9月中旬にも総選挙を実施する可能性が高まっていると指摘。チプラス首相はこの日、今後の対応について幹部らと協議するとした上で「すべては可能だ」と語った。

総選挙の日程としてERTは、急進左派連合内の一派は9月13日もしくは20日、別の一派は10月を推していると伝えている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中高一貫校<br>子どもが幸せになる学校選び

中高一貫校人気が戻ってきたが、学校の選び方は変わりつつある。偏差値だけでない子ども本位の物差しだ。自主性重視か規律重視かなど4要素による「校風マトリックス」やランキングなど、独自の分析で子どもに合った学校が見えてくる。