バンコク爆発事件、監視カメラの男が容疑者か

黄色いシャツを着た黒髪の若い男

[バンコク 18日 ロイター] - タイの首都バンコクの繁華街で17日夜に発生した爆発事件について、当局は現場周辺の監視カメラに映っていた不審な男が容疑者である可能性が高いとみて、引き続き男の行方を追っている。

ソムヨット国家警察庁長官は、男がタイ人か外国人であるかは特定できていないとした上で「男はリュックサックを背負い、爆発時に現場を歩いて立ち去った」とした上で「事件との関連性については、監視カメラの前後の映像を分析する必要がある」と語った。

公開された映像によると、黄色いシャツを着た黒髪の若い男がリュックサックを背負い爆発現場のエラワン廟(びょう)に入ると、柵に寄りかかるようにして座り、リュックサックを降ろした。その後リュックサックを置いたまま立ち上がり、青いビニール袋と携帯電話のようなものを持って廟を後にした。

プラユット暫定首相は、男が容疑者であるとする一方、詳細については明らかにしなかった。また反政府グループの存在が背景にあるとも指摘した。

*内容を追加し、写真を差し替えて再送します。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 内田衛の日々是投資
  • はじまりの食卓
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。