アップル、ライブTVサービス導入延期へ

十分な量のコンテンツを用意できず

 8月13日、米アップルは、インターネットによるライブTV放送サービスの開始を少なくとも来年まで延期する見通し。ニューヨークで7月撮影(2015年 ロイター/Mike Segar)

[13日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>は、インターネットによるライブTV放送サービスの開始を少なくとも来年まで延期する見通し。ブルームバーグが事情に詳しい関係者の情報として伝えた。サービスは年内開始の予定だった。

ブルームバーグによると、CBS<CBS.N>や21世紀フォックス<FOXA.O>などとの交渉が進まず、アップルは十分なコンテンツが用意できないと判断した。またアップル側で、快適な視聴体験を保証できるコンピューターネットワークの準備が整っていないことも理由とされる。

アップルは9月9日にサンフランシスコで開くイベントで、ライブTVサービスを発表する予定だった。同イベントでセットトップボックス「アップルTV」の新型を発表する計画については変更ないという。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT