アップル、ライブTVサービス導入延期へ

十分な量のコンテンツを用意できず

 8月13日、米アップルは、インターネットによるライブTV放送サービスの開始を少なくとも来年まで延期する見通し。ニューヨークで7月撮影(2015年 ロイター/Mike Segar)

[13日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>は、インターネットによるライブTV放送サービスの開始を少なくとも来年まで延期する見通し。ブルームバーグが事情に詳しい関係者の情報として伝えた。サービスは年内開始の予定だった。

ブルームバーグによると、CBS<CBS.N>や21世紀フォックス<FOXA.O>などとの交渉が進まず、アップルは十分なコンテンツが用意できないと判断した。またアップル側で、快適な視聴体験を保証できるコンピューターネットワークの準備が整っていないことも理由とされる。

アップルは9月9日にサンフランシスコで開くイベントで、ライブTVサービスを発表する予定だった。同イベントでセットトップボックス「アップルTV」の新型を発表する計画については変更ないという。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。