シンガポールが8月9日に建国50周年

花火やパレードで盛大に祝う

 8月9日、シンガポールが建国50周年を迎え、大規模な記念式典が開催された。写真は50周年を喜ぶ人々、パダンで撮影(2015年 ロイター/Edgar Su)

[シンガポール 9日 ロイター] - シンガポールが9日、建国50周年を迎え、大規模な記念式典が開催された。中心部の会場には多くの市民が集まり、パレードや軍機の飛行、花火の打ち上げなどが行われた。

式典にはマレーシアのナジブ首相、中国の李源潮国家副主席、麻生太郎副総理兼財務・金融担当相ら域内の代表が出席した。

現地時間午前9時にはリー・クアンユー初代首相による独立宣言がラジオやテレビで放送された。リー氏は今年3月に91歳で死去した。

シンガポールは1965年にマレーシアから独立。現在では世界的なビジネス拠点となり、富裕国の一つに成長した。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 日本野球の今そこにある危機
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
企業の成長に最も大切なものは<br>新浪剛史氏インタビュー

社員を追い詰めながら業績をひねり出すのではなく、「まずは理念の共有」が新浪流。ローソンから移って5年目、サントリーホールディングスの舵を取る辣腕経営者が、米ビーム社統合でも貫かれた「社員を大事にする経営」の神髄を語る。