シンガポールが8月9日に建国50周年

花火やパレードで盛大に祝う

 8月9日、シンガポールが建国50周年を迎え、大規模な記念式典が開催された。写真は50周年を喜ぶ人々、パダンで撮影(2015年 ロイター/Edgar Su)

[シンガポール 9日 ロイター] - シンガポールが9日、建国50周年を迎え、大規模な記念式典が開催された。中心部の会場には多くの市民が集まり、パレードや軍機の飛行、花火の打ち上げなどが行われた。

式典にはマレーシアのナジブ首相、中国の李源潮国家副主席、麻生太郎副総理兼財務・金融担当相ら域内の代表が出席した。

現地時間午前9時にはリー・クアンユー初代首相による独立宣言がラジオやテレビで放送された。リー氏は今年3月に91歳で死去した。

シンガポールは1965年にマレーシアから独立。現在では世界的なビジネス拠点となり、富裕国の一つに成長した。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT