シンガポールが8月9日に建国50周年

花火やパレードで盛大に祝う

 8月9日、シンガポールが建国50周年を迎え、大規模な記念式典が開催された。写真は50周年を喜ぶ人々、パダンで撮影(2015年 ロイター/Edgar Su)

[シンガポール 9日 ロイター] - シンガポールが9日、建国50周年を迎え、大規模な記念式典が開催された。中心部の会場には多くの市民が集まり、パレードや軍機の飛行、花火の打ち上げなどが行われた。

式典にはマレーシアのナジブ首相、中国の李源潮国家副主席、麻生太郎副総理兼財務・金融担当相ら域内の代表が出席した。

現地時間午前9時にはリー・クアンユー初代首相による独立宣言がラジオやテレビで放送された。リー氏は今年3月に91歳で死去した。

シンガポールは1965年にマレーシアから独立。現在では世界的なビジネス拠点となり、富裕国の一つに成長した。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT