BHPビリトン、豪の銅・ウラン鉱山で人員削減

市場環境悪化を受けて380人を削減

 8月10日、BHPは市場環境の悪化を理由に、豪の銅・ウラン鉱山で380人削減することを明らかにした。写真は2013年8月にシドニーで撮影(2015年 ロイター/David Gray)

[シドニー 9日 ロイター] - 英豪系資源大手BHPビリトン<BLT.L><BHP.AX>は9日、銅とウランを採掘するオーストラリアのオリンピック・ダム鉱山で380人の雇用を削減すると発表した。

同鉱山事業のJacqui McGill社長は声明で、資源セクターの世界的な市況悪化とプロジェクトの持続性確保を理由に挙げた。

同鉱山では銅とウランのほか、少量の銀や金も採掘されている。

今回の削減は、管理部門を中心にした約140人の削減に続くもので、同鉱山の総スタッフ数は最終的に約4000人から3500人に減少する。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。