BHPビリトン、豪の銅・ウラン鉱山で人員削減

市場環境悪化を受けて380人を削減

 8月10日、BHPは市場環境の悪化を理由に、豪の銅・ウラン鉱山で380人削減することを明らかにした。写真は2013年8月にシドニーで撮影(2015年 ロイター/David Gray)

[シドニー 9日 ロイター] - 英豪系資源大手BHPビリトン<BLT.L><BHP.AX>は9日、銅とウランを採掘するオーストラリアのオリンピック・ダム鉱山で380人の雇用を削減すると発表した。

同鉱山事業のJacqui McGill社長は声明で、資源セクターの世界的な市況悪化とプロジェクトの持続性確保を理由に挙げた。

同鉱山では銅とウランのほか、少量の銀や金も採掘されている。

今回の削減は、管理部門を中心にした約140人の削減に続くもので、同鉱山の総スタッフ数は最終的に約4000人から3500人に減少する。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。