BHPビリトン、豪の銅・ウラン鉱山で人員削減

市場環境悪化を受けて380人を削減

 8月10日、BHPは市場環境の悪化を理由に、豪の銅・ウラン鉱山で380人削減することを明らかにした。写真は2013年8月にシドニーで撮影(2015年 ロイター/David Gray)

[シドニー 9日 ロイター] - 英豪系資源大手BHPビリトン<BLT.L><BHP.AX>は9日、銅とウランを採掘するオーストラリアのオリンピック・ダム鉱山で380人の雇用を削減すると発表した。

同鉱山事業のJacqui McGill社長は声明で、資源セクターの世界的な市況悪化とプロジェクトの持続性確保を理由に挙げた。

同鉱山では銅とウランのほか、少量の銀や金も採掘されている。

今回の削減は、管理部門を中心にした約140人の削減に続くもので、同鉱山の総スタッフ数は最終的に約4000人から3500人に減少する。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT