パナソニック電工と三協立山アルミが省エネ建材で提携、既設住宅向け「内貼断熱パネル・窓システム」などを共同開発へ

パナソニック電工と三協立山アルミが省エネ建材で提携、既設住宅向け「内貼断熱パネル・窓システム」などを共同開発へ

パナソニック傘下のパナソニック電工と三協立山ホールディング傘下の三協立山アルミは10月26日、省エネルギー型の建材事業で共同開発契約を締結したことを発表した。

2社が合意したのは、既設(中古)住宅向けの省エネ建材における共同開発で、当面の具体的なテーマは2つ。短工期で住宅の一部だけの断熱改修が可能な「内貼断熱パネル・窓システム」の開発と、省エネ効果が高くアレル物質抑制につながる「通期・換気窓システム」の開発だ。

戸建て住宅向けの断熱工法としては、一戸全体を断熱する「外貼断熱」が一般的だが、大がかりな足場が必要で工期が長いことから、実質的には新築住宅での採用に限られている。パナソニック電工は、既設住宅向けの断熱需要を開拓するため、必要な部屋だけに室内側から部分的に断熱改修する「内貼断熱」の技術開発を独自に進めてきたが、「断熱効果をより高めるためには、住宅の熱損失の約25%を占める窓部分の改善が不可欠」(パナソニック電工・北野亮常務)として、サッシメーカーである三協立山との提携に踏み切った。

一方、三協立山アルミとしても、業界に先駆けて通風・換気建材を開発・商品化してきており、アレル物質浸入を抑制するパナソニックの「ナノイー」技術の応用で新たな環境建材を生み出すことで、「新築のみでなく、現在力を入れている中古のエコ改修市場での優位性を発揮できる」(三協立山アルミ・島勲副社長)との狙いがある。

当面の契約期間は1年間で、必要に応じて延長する。2つのテーマやそれ以外のテーマごとのワーキンググループを立ち上げ、リーダー会議(月1回)、ステアリング・コミッティ(2カ月に1回)の3階層体制で共同開発を推進する構えだ。「数年後には年商100億円規模の事業にはしたい」(北野常務)という。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。