タイの大洪水で日系車メーカー8社が生産休止、それでも影響は限定的--自工会・志賀会長が示唆

日本自動車工業会の志賀俊之会長(日産自動車COO<最高執行責任者>、=写真=)は20日の定例会見で、タイを襲っている記録的な洪水における日本車メーカーの被害について、「東日本大震災の時とは状況が異なる」と述べ、生産への影響が限定的なものにとどまる可能性を示唆した。

タイの大洪水を受けて、現地へ進出する日系メーカー8社の全工場が20日時点で生産休止に追い込まれている。工場が直接被災した完成車メーカーは現状でホンダ1社だけだが、現地で複数の部品メーカーが被災したことでサプライチェーン(部品の供給網)が寸断。その点では3月の東日本大震災で起きたのと同じ構図だ。

 

 

昨年、タイにおける日系メーカーの生産台数は約160万台、世界生産約2280万台の約7%を占めた。160万台のうち輸出が約半分で、タイは輸出拠点としても活用されている。タイにおける日系メーカーのシェアは9割を超えており、「日系メーカーだけが影響を受けている」(志賀会長)。

しかし、志賀会長は大震災との違いとして以下の点を指摘した。第一に被災した部品メーカーも多くが日系で、日本を含め代替生産基地を持ち合わせていること。第二にタイのみで生産する素材や部品が少ないこと。そして第三にタイでは日本よりも一般的に部品在庫が多いこと、などだ。

タイは周辺国へ部品を供給するケースも多いが、志賀会長は「リードタイムがあり、周辺国の生産がすぐ止まることはない」との見解を示した。

  「タイの生産がいつ復旧するかはわからない」としながら、各社が状況に応じて代替調達に切り替えるなどの処置によって「影響をゼロに近づける努力をしている」。大震災時の生産復旧の取り組みが生かされており、「リスクマネジメントは日系メーカーの強みになる」とも語った。

(並木 厚憲=東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT