任天堂、4~6月期は5年ぶり営業黒字

携帯ゲームやフィギュアが寄与

 7月29日、任天堂が発表した2015年4―6月期の連結営業損益は11億円の黒字(前年同期は94億円の赤字)だった。ロサンゼルスで昨年6月撮影(2015年 ロイター/Kevork Djansezian)

[東京 29日 ロイター] - 任天堂<7974.T>が29日発表した2015年4―6月期の連結営業損益は11億円の黒字(前年同期は94億円の赤字)だった。携帯型ゲーム機やゲーム連動型フィギュアの新商品効果で、4―6月期として5年ぶりの営業黒字となった。

売上高は前年比20.8%増の902億円。携帯型ゲーム機「3DS」の販売が101万台(前年同期は82万台)と増加。昨年10月から投入した「ニューニンテンドー3DS」が販売を押し上げた。また、昨年11月から発売したゲーム連動フィギュア「アミーボ」も加わって、4―6月期は前年同期になかった新商品効果が売り上げ増につながった。

据え置き型ゲーム機「WiiU」の販売は47万台(前年同期は51万台)。今期も製造原価が販売価格を上回る逆ざやは続いているが、商戦期前で販売規模が小さく、営業利益へのマイナスの影響は少なかった。

また、円安進行は売り上げ増に寄与しただけでなく、6月末の外貨建て資産の評価を増加させた。これにより、営業外に為替差益を計上し、当期純損益は82億円の黒字(前年同期は99億円の赤字)となり、4―6月期として2年ぶりに最終黒字を計上した。

 

 

(村井令二)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT