任天堂、4~6月期は5年ぶり営業黒字

携帯ゲームやフィギュアが寄与

 7月29日、任天堂が発表した2015年4―6月期の連結営業損益は11億円の黒字(前年同期は94億円の赤字)だった。ロサンゼルスで昨年6月撮影(2015年 ロイター/Kevork Djansezian)

[東京 29日 ロイター] - 任天堂<7974.T>が29日発表した2015年4―6月期の連結営業損益は11億円の黒字(前年同期は94億円の赤字)だった。携帯型ゲーム機やゲーム連動型フィギュアの新商品効果で、4―6月期として5年ぶりの営業黒字となった。

売上高は前年比20.8%増の902億円。携帯型ゲーム機「3DS」の販売が101万台(前年同期は82万台)と増加。昨年10月から投入した「ニューニンテンドー3DS」が販売を押し上げた。また、昨年11月から発売したゲーム連動フィギュア「アミーボ」も加わって、4―6月期は前年同期になかった新商品効果が売り上げ増につながった。

据え置き型ゲーム機「WiiU」の販売は47万台(前年同期は51万台)。今期も製造原価が販売価格を上回る逆ざやは続いているが、商戦期前で販売規模が小さく、営業利益へのマイナスの影響は少なかった。

また、円安進行は売り上げ増に寄与しただけでなく、6月末の外貨建て資産の評価を増加させた。これにより、営業外に為替差益を計上し、当期純損益は82億円の黒字(前年同期は99億円の赤字)となり、4―6月期として2年ぶりに最終黒字を計上した。

 

 

(村井令二)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT