仏LVMHの第2四半期は主力事業が好調

主要市場の日米欧で販売が伸びる

7月28日、仏高級ブランド、LVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)は、主力のファッション・皮革製品部門の第2・四半期売上高が10%増えたと明らかにした。伸びは市場予想を上回った。写真は2014年8月、東京で(2015年 ロイター/Yuya Shino)

[パリ 28日 ロイター] - 仏高級ブランド、LVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)<LVMH.PA>は、主力のファッション・皮革製品部門の第2・四半期売上高が10%増えたと明らかにした。伸びは市場予想の5━6%増を上回った。日米欧で堅調な需要を集めた。

上期の既存店ベース総売上高は6%増の167億ユーロ(184億7000万ドル)と、トムソン・ロイター・エスティメーツがまとめたアナリスト予想平均の163億5000万ユーロを上回った。

中国の観光客が本土や香港、マカオでの買い物を大きく減らし、日本や西欧に向かったという。中国の顧客は高級品市場において、世界最大の買い手とされる。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT