仏LVMHの第2四半期は主力事業が好調

主要市場の日米欧で販売が伸びる

7月28日、仏高級ブランド、LVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)は、主力のファッション・皮革製品部門の第2・四半期売上高が10%増えたと明らかにした。伸びは市場予想を上回った。写真は2014年8月、東京で(2015年 ロイター/Yuya Shino)

[パリ 28日 ロイター] - 仏高級ブランド、LVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)<LVMH.PA>は、主力のファッション・皮革製品部門の第2・四半期売上高が10%増えたと明らかにした。伸びは市場予想の5━6%増を上回った。日米欧で堅調な需要を集めた。

上期の既存店ベース総売上高は6%増の167億ユーロ(184億7000万ドル)と、トムソン・ロイター・エスティメーツがまとめたアナリスト予想平均の163億5000万ユーロを上回った。

中国の観光客が本土や香港、マカオでの買い物を大きく減らし、日本や西欧に向かったという。中国の顧客は高級品市場において、世界最大の買い手とされる。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。