世界販売台数、トヨタが4年ぶりに首位陥落

上期の世界販売台数、VWが2万台差でトップ

 7月28日、トヨタ自動車が発表した2015年1―6月期のグループ世界販売は前年同期比1.5%減の約502万台だった。VWを約2万台下回り、首位の座を明け渡した。都内で昨年11月撮影(2015年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 28日 ロイター] - トヨタ自動車<7203.T>が28日発表した2015年1―6月期(上期)のグループ世界販売(日野自動車<7205.T>、ダイハツ工業<7262.T>を含む)は前年同期比1.5%減の約502万台だった。独フォルクスワーゲン<VOWG_p.DE>(VW)を約2万台下回り、4年ぶりに首位の座を明け渡した。

トヨタは北米などの好調で、海外販売は上期として過去最高だったが、国内と海外を合わせた世界販売では前年同期を下回った。消費税と軽自動車税の増税の影響があった国内、景気減速を背景とした東南アジアなどでの販売不振が響いた。

VWは同0.5%減の約504万台。主力市場の中国は減少したものの、欧米では販売を伸ばした。米ゼネラルモーターズ(GM)<GM.N>は同1.2%減の約480万台だった。

トヨタは2014年上期まではVWやGMを抑えて3年連続で首位を維持してきたが、新工場建設を凍結するなど、むやみに数量を追わない慎重な経営を続けていたため、積極的に増産を進めていたVWに逆転されるのは時間の問題とされてきた。VWは力を入れている中国や中南米での需要低迷が懸念されており、トヨタが15年通年で首位を奪還できるかが注目される。

 

(白木真紀 編集:宮崎大)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナウイルスの恐怖
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。