10月4日登場?! 注目の新型iPhone --ウワサ飛び交うシリコンバレーで上がる声

10月4日登場?! 注目の新型iPhone --ウワサ飛び交うシリコンバレーで上がる声

米国で10月4日(日本時間5日)に開催されるアップルの発表会で登場するといううわさの新型iPhone。巷では「iPhone5」とも「iPhone4S」とも言われている新型iPhoneだが、シリコンバレーで、新型iPhoneについて、業界関係者や一般ユーザーの意見や感想を拾ってみた。

まず、新型iPhoneの外見はどうなのか。匿名で話してくれたのは、スマートフォン製造メーカー幹部。「やや薄めで少しだけ画面が大きくなり、動きが早くなるものの、iPhone4とあまり変化はないよ」

もし、彼の言うことが本当だとすれば、新しい新型iPhoneはiPhone4とどこが違うのだろうか。

 「新型iPhoneは新しいOS『iOS5』が搭載されたスマートフォンで、これによりiCloud(アイクラウド)を用いた音楽サービスの広がりや、メッセージ・通知機能の向上があるのでは」というのは、著名記者、ディーン・タカハシ氏(ハイテクサイト、ヴェンチャー・ビートのリードライター)。要するに箱より、中身が向上するようだ。

マイクロソフトと組んだ欧州発の音楽配信サービス会社・スポティファイに対抗し、iTuneからの音楽サービスの使い勝手が向上する。アップルはノースカロライナ州に巨大なデータセンターを建てており、ここを基盤としたクラウドサービスによって、さらに簡単かつ便利な使い道が増えることになろう。そして、バーチャル・アシスタントが予定された会合やアポ、道案内、テキストメッセージを読み上げてくれたり、文書作成の手伝いなどをしてくれるといううわさも流れている。

新型iPhoneで、アップルの地位は盤石に?

注目を集める新型iPhoneだが、アップルはOSベースでみると、足元ではグーグルのアンドロイドを搭載したスマートフォンに押され、シェアをジリジリと落とし続けている。新型iPhoneは、この流れに対抗する切り札となるのだろうか。

「アンドロイドは実質無料なので、世界でスマートフォンのシェアのトップ。だが、新型iPhoneを扱う携帯電話会社がさらに増えれば、利益率の高いアップルは、スマートフォン市場でのリーダーの地位を揺るぎないものにするだろう。アップルは新型iPhoneだけでなく、廉価版のiPhoneも同時に出してくる可能性が高い」(タカハシ氏)。

人気記事
トピックボードAD
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。