華原朋美、新たな旅立ちで目指すものとは?

デビュー20年、ここに辿り着いた

オリジナルシングル『はじまりのうたが聴こえる』をリリースした華原朋美さん

過去の自分に向き合った『はじまりのうたが聴こえる』

本記事はWoman type(運営:キャリアデザインセンター)からの提供記事です

「ねぇ、はじまりのうたが聴こえる

 あなたがいなくても 歩けるよ

 やさしい記憶が 今微笑んで

 旅立つことを 教えてくれた」

2015年5月20日、約9年ぶり、芸能活動再開後初のリリースとなった華原朋美さんのオリジナルシングル『はじまりのうたが聴こえる』には、こんなフレーズがある。作詞は華原さん本人。小室哲哉さんが作った曲を聴きながら、さまざまな感情を思い出し、書き留めていく中で生まれた歌詞だ。

「歌詞を作るにあたって、過去の自分にとことん向き合い、今まで体験してきたことを振り返りながら、たくさんの痛みやつらさ、幸せや喜びなどの感情を思い出していきました。そうしたら、どんな過去であっても最終的には『やさしい記憶』だけが残っていくんだな、という心境にたどり着けた。この4行のフレーズは、書くのにとても時間が掛かりましたが、こういう気持ちになれたことが、すごくうれしかったんです」

その一方で、『あなたがいなくても 歩けるよ』というフレーズは、自信がある人は絶対に口にしない言葉だと華原さんは続ける。

「『歩けるよ』とか『負けないよ』というのは、歩けなくなるかもしれない、負けちゃうかもしれないという不安を抱えている人が、あえて口にする言葉であるわけで。でも、それでも負けないぞ! と頑張る人って、とても人間らしい。この『はじまりのうたが聴こえる』という歌は、『強くなろう』と自分自身に言い聞かせている歌でもあるんです」

華原さん独特の透き通るような声と、心を震わせる歌唱力は健在。今回は聴く人が心地よく感じる音程を探るためにさまざまなキーを試し、歌詞が伝わるベストな高さを導き出すのにとても苦労したという。

次ページ華原朋美をよりいっそう輝かせるための努力
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。