日本株は、ギリシャ国民投票後どうなるか

いよいよ日本時間の6日早朝に結果判明

国民投票の結果、ギリシャを待ち受けるのは歓喜か悲劇か(財政緊縮策に賛成「NAI」を掲げる人々、ロイター/アフロ)

世界の主要マーケットの1日は、地球の自転が逆にでもならない限り、東京から始まる。

ギリシャのチプラス政権が、7月5日の国民投票によってEUなどが求める財政緊縮策の賛否を問うという「奇策」に出た結果、先週の6月29日(月)は「参考になる市場がない」という不安感から、日経平均株価は3%弱、596円の下げになった。

6日は再び東京が「ギリシャショック」に見舞われる?

その後開いた欧州市場では一時ドイツ、フランスが3%後半、イタリアは5%を超す下げとなったが、アメリカは2%弱の下げに留まった。もし、欧米のこの反応を先に知っていたら、おそらく日本は1%も下げなかっただろう。

しかし、5日の国民投票の結果(日本時間では同日13時に投票開始、結果が判明するのは6日の午前6時前後)を受けて、日本では6日に再び「比較不透明な不安感」が訪れる。選挙の結果がどうなろうとも、である。

事前の世論調査なども賛否は拮抗、結果についての予測は分かれるが、「ギリシャ国民も、ユーロ離脱の不利益を知っている」として、賛成が多数になる(緊縮財政を受け入れる)とも言われている。直前の立会日であった先週末(3日)の東京市場で金融セクターが買われたのは、その楽観論を織り込んだためと言われる。

次ページ「せざるを得ない」ニッポンを実感しよう
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT