世界一周に挑む有人ソーラー機、ハワイ到着

単独飛行の世界記録を達成

 6月3日、太陽光エネルギーのみで世界一周飛行に挑戦している有人ソーラー機「ソーラー・インパルス2」が、名古屋からノンストップで目的地であるハワイのホノルルに無事到着。写真はハワイの空港に到着し、単独飛行の世界記録を達成した同機操縦士アンドレ・ボルシュベルク氏(右)と、このプロジェクトに共に挑戦するベルトラン・ピカール氏(2015年 ロイター/Hugh Gentry)

[3日 ロイター] - 太陽光エネルギーのみで世界一周飛行に挑戦している有人ソーラー機「ソーラー・インパルス2」が3日朝、目的地であるハワイのホノルルに無事到着した。

同機は先月29日に名古屋を出発。操縦士のアンドレ・ボルシュベルク氏は、5日間にわたる飛行で単独飛行時間が約120時間に達し、これまでの最高記録である76時間を超え、世界最長記録を更新した。

このプロジェクトに挑戦しているのは、スイス人のアンドレ・ボルシュベルク氏とベルトラン・ピカール氏。今年3月にアラブ首長国連邦(UAE)のアブダビを出発した。次に米アリゾナ州フェニックスを目指し、その後大西洋を横断して最初の出発地であるアブダビに戻る予定。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • ブックス・レビュー
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱炭素時代に生き残る会社<br> 独自調査で測る各社の「本気度」

地球温暖化の危機的状況を受け、「エネルギーシフト」の奔流が渦巻いている。日本企業も再生可能エネルギーの調達に本腰を入れ、「脱炭素経営」に舵を切り始めた。主要108社が回答した独自アンケートなどから、生き残りのカギを探る。