世界一周に挑む有人ソーラー機、ハワイ到着

単独飛行の世界記録を達成

 6月3日、太陽光エネルギーのみで世界一周飛行に挑戦している有人ソーラー機「ソーラー・インパルス2」が、名古屋からノンストップで目的地であるハワイのホノルルに無事到着。写真はハワイの空港に到着し、単独飛行の世界記録を達成した同機操縦士アンドレ・ボルシュベルク氏(右)と、このプロジェクトに共に挑戦するベルトラン・ピカール氏(2015年 ロイター/Hugh Gentry)

[3日 ロイター] - 太陽光エネルギーのみで世界一周飛行に挑戦している有人ソーラー機「ソーラー・インパルス2」が3日朝、目的地であるハワイのホノルルに無事到着した。

同機は先月29日に名古屋を出発。操縦士のアンドレ・ボルシュベルク氏は、5日間にわたる飛行で単独飛行時間が約120時間に達し、これまでの最高記録である76時間を超え、世界最長記録を更新した。

このプロジェクトに挑戦しているのは、スイス人のアンドレ・ボルシュベルク氏とベルトラン・ピカール氏。今年3月にアラブ首長国連邦(UAE)のアブダビを出発した。次に米アリゾナ州フェニックスを目指し、その後大西洋を横断して最初の出発地であるアブダビに戻る予定。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。