世界一周に挑む有人ソーラー機、ハワイ到着

単独飛行の世界記録を達成

 6月3日、太陽光エネルギーのみで世界一周飛行に挑戦している有人ソーラー機「ソーラー・インパルス2」が、名古屋からノンストップで目的地であるハワイのホノルルに無事到着。写真はハワイの空港に到着し、単独飛行の世界記録を達成した同機操縦士アンドレ・ボルシュベルク氏(右)と、このプロジェクトに共に挑戦するベルトラン・ピカール氏(2015年 ロイター/Hugh Gentry)

[3日 ロイター] - 太陽光エネルギーのみで世界一周飛行に挑戦している有人ソーラー機「ソーラー・インパルス2」が3日朝、目的地であるハワイのホノルルに無事到着した。

同機は先月29日に名古屋を出発。操縦士のアンドレ・ボルシュベルク氏は、5日間にわたる飛行で単独飛行時間が約120時間に達し、これまでの最高記録である76時間を超え、世界最長記録を更新した。

このプロジェクトに挑戦しているのは、スイス人のアンドレ・ボルシュベルク氏とベルトラン・ピカール氏。今年3月にアラブ首長国連邦(UAE)のアブダビを出発した。次に米アリゾナ州フェニックスを目指し、その後大西洋を横断して最初の出発地であるアブダビに戻る予定。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 北朝鮮ニュース
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。