使わない電話ボックスが、「発電所」に変身

<動画>ロンドンの新しい名物になるか

赤い電話ボックスが緑色に?

2人の若い起業家が、ロンドンに数多く存在しながらも使われていない赤い電話ボックスのひとつを、太陽光発電で携帯電話やタブレットを充電できるステーションに改造した。

この明るい緑色をした「ソーラーボックス (Solarbox)」は、彼らのチームが今後数カ月間で設置したいと思っている多くのステーションの第1号に過ぎない。詳しく見ていこう。

電話ボックスが緑色に

ロンドンを象徴する赤い電話ボックスが緑に変わるかもしれない。このソーラーボックスと呼ばれる試作機は、通りがかりの人々に無料で簡単に携帯電話を充電してもらうべく、市内の買い物客で賑わう地域に先日設置された。

ボックス上部に設置されたパネルが太陽光を取り入れ、電力に変換する。その電力は、内部に備えられたバッテリーへと蓄えられる。一般の人々は、充電が切れかかっていると思ったら、プラグに携帯電話を差して応急処置的に充電することができる。

ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス (LSE) を卒業したハロルド・クラストン氏(ソーラーボックス共同創業者)は、市内に点在する使われなくなった電話ボックスの前を通り過ぎているとき、このアイデアを思いついた。「電話ボックスは8000ほどあるはずで、そのような商業的に発展が見込めないものを放置しないで、何かしら生産的で、公共空間を通じて人々と繋がれるものに変えたらどうだろうかと思いました」。

もうひとりの共同創業者で、彼と同じLSEの卒業生でもあるカースティ・ケニー氏は、ソーラーボックスがロンドンの環境保護運動を推進することを願っている。「ロンドンはいまだに車を中心とした街だといえます。また、私たちの日常レベルでも、環境保護を意識した生活ができているとはいえません。それは市民のせいではなく、インフラがそこまで至っていないからなのです」。

ソーラーボックス試作機の資金の一部は、最近開かれた二酸化炭素抑制プロジェクトのコンテストで二人が入賞したことにより、ロンドン市長のボリス・ジョンソンから贈られた5000ポンドが元となっている。

次ページ携帯電話の充電に便利
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT