米司法省、エレクトロラックスに「待った」

GE家電事業の買収差し止め目指し提訴

スウェーデンにあるエレクトロラックス本社(エレクトラックスのホームページより)

[ワシントン 1日 ロイター] - 米司法省は1日、スウェーデンのエレクトロラックスによる米ゼネラル・エレクトリック(GE)家電事業の買収を差し止めるため、訴えを起こしたと明らかにした。

調理コンロやオーブンなどの製造で上位3社のうち2社が合併すれば、競争を阻害し、米消費者の不利益につながると説明した。

GEは引き続き年内の完了を目指すとし、エレクトロラックスとともに計画の実現に向けて取り組む考えを示した。

エレクトロラックスも買収により、消費者はより幅広く質の高い製品を競争力ある価格で購入できると主張した。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。