米司法省、エレクトロラックスに「待った」

GE家電事業の買収差し止め目指し提訴

スウェーデンにあるエレクトロラックス本社(エレクトラックスのホームページより)

[ワシントン 1日 ロイター] - 米司法省は1日、スウェーデンのエレクトロラックスによる米ゼネラル・エレクトリック(GE)家電事業の買収を差し止めるため、訴えを起こしたと明らかにした。

調理コンロやオーブンなどの製造で上位3社のうち2社が合併すれば、競争を阻害し、米消費者の不利益につながると説明した。

GEは引き続き年内の完了を目指すとし、エレクトロラックスとともに計画の実現に向けて取り組む考えを示した。

エレクトロラックスも買収により、消費者はより幅広く質の高い製品を競争力ある価格で購入できると主張した。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。