いま、話題の“フィリピン留学”とは何ものなのか? ~『フィリピン「超」格安英語留学』(その1)

 

 

初めまして。先日、7月28日に『フィリピン「超」格安英語留学』という書籍を執筆した太田英基と申します。

現在、約2年間かけた世界一周の旅の途中でして、この記事を書いている現在はロンドンに滞在中です。

出版するにあたって、東洋経済オンラインにて3回ほどコラムを書かせて頂けることになりましたので、この場をお借りしてフィリピン英語留学について、皆さんにご紹介をさせて頂けたらと思います。

 


筆者(右)と講師

 


 まず、「フィリピンで英語留学」というキーワードにピンと来ない人が大半なのではないかと思います。

簡単に言うと、月額10万円程でマンツーマン英語レッスンを6時間受けられて、3食ついて宿泊場所もついてくるという、ウソみたいな本当の話です。

 なぜ実現できるのか? その最大の理由はむろん、物価の差にあります。

そもそも、フィリピンという国についても中々知る機会がないかと思います。

今回はその辺りを踏まえて、すでにフィリピン英語留学が一般化している韓国のことも紹介したいと思います。

フィリピンは人口1億人弱の国であり、沖縄の少し南側に位置している島国です。

以前、アメリカの支配下にあった影響もあり、フィリピンでは英語が公用語として扱われています。

そう、つまりフィリピンでは多くの人が英語を扱うことができるのです。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 就職四季報プラスワン
  • インフレが日本を救う
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT