いま、話題の“フィリピン留学”とは何ものなのか? ~『フィリピン「超」格安英語留学』(その1)

 

 

初めまして。先日、7月28日に『フィリピン「超」格安英語留学』という書籍を執筆した太田英基と申します。

現在、約2年間かけた世界一周の旅の途中でして、この記事を書いている現在はロンドンに滞在中です。

出版するにあたって、東洋経済オンラインにて3回ほどコラムを書かせて頂けることになりましたので、この場をお借りしてフィリピン英語留学について、皆さんにご紹介をさせて頂けたらと思います。

 


筆者(右)と講師

 


 まず、「フィリピンで英語留学」というキーワードにピンと来ない人が大半なのではないかと思います。

簡単に言うと、月額10万円程でマンツーマン英語レッスンを6時間受けられて、3食ついて宿泊場所もついてくるという、ウソみたいな本当の話です。

 なぜ実現できるのか? その最大の理由はむろん、物価の差にあります。

そもそも、フィリピンという国についても中々知る機会がないかと思います。

今回はその辺りを踏まえて、すでにフィリピン英語留学が一般化している韓国のことも紹介したいと思います。

フィリピンは人口1億人弱の国であり、沖縄の少し南側に位置している島国です。

以前、アメリカの支配下にあった影響もあり、フィリピンでは英語が公用語として扱われています。

そう、つまりフィリピンでは多くの人が英語を扱うことができるのです。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 就職四季報プラスワン
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。