いま、話題の“フィリピン留学”とは何ものなのか? ~『フィリピン「超」格安英語留学』(その1)

 

 

初めまして。先日、7月28日に『フィリピン「超」格安英語留学』という書籍を執筆した太田英基と申します。

現在、約2年間かけた世界一周の旅の途中でして、この記事を書いている現在はロンドンに滞在中です。

出版するにあたって、東洋経済オンラインにて3回ほどコラムを書かせて頂けることになりましたので、この場をお借りしてフィリピン英語留学について、皆さんにご紹介をさせて頂けたらと思います。

 


筆者(右)と講師

 


 まず、「フィリピンで英語留学」というキーワードにピンと来ない人が大半なのではないかと思います。

簡単に言うと、月額10万円程でマンツーマン英語レッスンを6時間受けられて、3食ついて宿泊場所もついてくるという、ウソみたいな本当の話です。

 なぜ実現できるのか? その最大の理由はむろん、物価の差にあります。

そもそも、フィリピンという国についても中々知る機会がないかと思います。

今回はその辺りを踏まえて、すでにフィリピン英語留学が一般化している韓国のことも紹介したいと思います。

フィリピンは人口1億人弱の国であり、沖縄の少し南側に位置している島国です。

以前、アメリカの支配下にあった影響もあり、フィリピンでは英語が公用語として扱われています。

そう、つまりフィリピンでは多くの人が英語を扱うことができるのです。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 買わない生活
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT