ふらり。 谷口ジロー著

ふらり。 谷口ジロー著

『「坊っちゃん」の時代』で歴史マンガの金字塔を打ち立てた作者が、伊能忠敬を題材に江戸の町と風物を詩情豊かに描いた傑作である。50歳で家業を退き佐原から江戸へ出て悠々自適のはずが、天文・暦学・測量への興味やみがたく、ついに蝦夷(えそ)に測量に出掛けるまでの準備期間を描写して、話は進む。といって特段の事件が起こるわけでも、深刻な心理状態が語られるわけでもない。

エッセイ風、16の章立てが鳶(とんび)、桜、亀、猫、星、雨、蛍、雪などと風情十分で、人、動物、自然いずれが主人公とも言いがたいところが味わい深い。忠敬と妻の温かな会話がほほ笑ましく、超スローな展開は、これから始まる厳しい測量の旅と鮮やかなコントラストをなして読み手の想像をかき立てる。「測量のためには歩測が正確でなければ」と忠敬が歩き回る江戸の魅力を細密に描き込んだ作品の数々が見事だ。渋い物語に挑んだ作者の気概と豊かな情感には感服のほかない。(純)

講談社 919円

  

関連記事
トピックボードAD
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
  • 北朝鮮ニュース
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。