日立製作所と三菱重工が経営統合との報道、両社がコメントを発表

日立製作所と三菱重工が経営統合との報道、両社がコメントを発表

日立製作所と三菱重工業が経営統合に向け協議を始めることで基本合意したと、4日付の日本経済新聞朝刊が報じた。2013年春をメドに社会インフラ事業を軸に統合を進めるという。

日経新聞は3日までに両社首脳が基本合意し、4日午後に発表すると報じている。これに対して両社は4日9時に、統合に対する報道についてコメントを発表した。

日立製作所側は「当社と三菱重工業との事業統合に関する記事が掲載されましたが、当社として決定・公表したものではありません」とコメント。三菱重工側は「当社と日立製作所との統合に関して、一部報道がありましたが、これは当社の発表に基づくものではありません。また、報道された統合について、当社が決定した事実もありませんし、合意する予定もありません」としている。

(東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 女性の美学
  • インフレが日本を救う
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
史上最大の上場に賭ける<br>ソフトバンクの思惑

12月19日、ソフトバンクが上場する。過去最大規模の超大型上場だが、祭りの後は楽観できない。親子上場による利益相反、高い配当性向、キャッシュの流出など懸念材料は多数。同社の大胆な戦略の前提である安定した収益成長が崩れる日、事態は……。