日立製作所と三菱重工が経営統合との報道、両社がコメントを発表

日立製作所と三菱重工が経営統合との報道、両社がコメントを発表

日立製作所と三菱重工業が経営統合に向け協議を始めることで基本合意したと、4日付の日本経済新聞朝刊が報じた。2013年春をメドに社会インフラ事業を軸に統合を進めるという。

日経新聞は3日までに両社首脳が基本合意し、4日午後に発表すると報じている。これに対して両社は4日9時に、統合に対する報道についてコメントを発表した。

日立製作所側は「当社と三菱重工業との事業統合に関する記事が掲載されましたが、当社として決定・公表したものではありません」とコメント。三菱重工側は「当社と日立製作所との統合に関して、一部報道がありましたが、これは当社の発表に基づくものではありません。また、報道された統合について、当社が決定した事実もありませんし、合意する予定もありません」としている。

(東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • ブックス・レビュー
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱炭素時代に生き残る会社<br> 独自調査で測る各社の「本気度」

地球温暖化の危機的状況を受け、「エネルギーシフト」の奔流が渦巻いている。日本企業も再生可能エネルギーの調達に本腰を入れ、「脱炭素経営」に舵を切り始めた。主要108社が回答した独自アンケートなどから、生き残りのカギを探る。