日立製作所と三菱重工が経営統合との報道、両社がコメントを発表

日立製作所と三菱重工が経営統合との報道、両社がコメントを発表

日立製作所と三菱重工業が経営統合に向け協議を始めることで基本合意したと、4日付の日本経済新聞朝刊が報じた。2013年春をメドに社会インフラ事業を軸に統合を進めるという。

日経新聞は3日までに両社首脳が基本合意し、4日午後に発表すると報じている。これに対して両社は4日9時に、統合に対する報道についてコメントを発表した。

日立製作所側は「当社と三菱重工業との事業統合に関する記事が掲載されましたが、当社として決定・公表したものではありません」とコメント。三菱重工側は「当社と日立製作所との統合に関して、一部報道がありましたが、これは当社の発表に基づくものではありません。また、報道された統合について、当社が決定した事実もありませんし、合意する予定もありません」としている。

(東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。