人気上昇中キャンピングカー「デュカト」の正体 フィアットが製造する商用バンに注目が集まる

拡大
縮小
デュカトをベースにしたナッツRVの新作キャンピングカー「ゼニア」
デュカトをベースにしたナッツRVの新作キャンピングカー「ゼニア」(筆者撮影)

依然として人気が高いキャンピングカーのなかでも、近年、とくに注目されているのがイタリアのフィアットが製造する商用バン「デュカト(DUCATO)」をベースとした高級モデルだ。

全長5m超え、全幅も2m以上ある大柄な車体による広々とした室内や、高い走行安定性などを持つのがデュカト。従来、欧州などでは、キャンピングカーのベース車両としても大きな支持を受けているが、日本にも2022年12月に正規導入を開始。2023年からは、このモデルを使った国産キャンパーも続々と登場しており、好調なセールスを記録していると聞く。

キャンピングカーの一大見本市「ジャパンキャンピングカーショー2024(2024年2月2~5日、千葉県・幕張メッセ)」では、そんなデュカトをベースとする国産キャンピングカーの新型モデルを、有名メーカー各社が一堂に展示した。

中でも、ここでは、ナッツRV(福岡県北九州市)が出品した「ゼニア(ZEGNIA)」、トイファクトリー(岐阜県可児市)の「ダヴィンチ ルッソ6.0(DA VINCI Lusso 6.0)」、ホワイトハウスキャンパー(愛知県名古屋市)の「トリノ(TORINO)」といった注目モデルを紹介しよう。

キャンピングカーのベース車「デュカト」とは

現在、国内に導入されているデュカトには、標準ボディ仕様のL2H2(全長5410mm×全幅2050mm×全高2525mm、ホイールベース3450mm)、ロングホイールベース仕様のL3H2(全長5995mm×全幅2050mm×全高2525mm、ホイールベース4035mm)、ロングホイールベース・ハイルーフ仕様のL3H3(全長5995mm×全幅2050mm×全高2765mm、ホイールベース4035mm)といった3タイプがある。

【写真】フィアットが製造する商用バン「デュカト」をベースにした最新キャンピングカーを見る(90枚以上)
次ページナッツRVが提案する3種類のデュカトをベースにしたモデル
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT