ハイエースの珍しいキャブコン仕様が愛される訳 ファンルーチェ・セレンゲティ525最新モデル

✎ 1〜 ✎ 157 ✎ 158 ✎ 159 ✎ 160
拡大
縮小
ジャパンキャンピングカーショー2024に展示されていたセレンゲティ525の最新モデル。2024モデルの車両本体価格(税込み)は、2WD/6AT/ガソリン車が1173万7000円、4WD/6AT/ガソリン車が1204万5000円、2WD/6AT/ディーゼル車が1221万円となる
ジャパンキャンピングカーショー2024に展示されていたセレンゲティ525の最新モデル。2024モデルの車両本体価格(税込み)は、2WD/6AT/ガソリン車が1173万7000円、4WD/6AT/ガソリン車が1204万5000円、2WD/6AT/ディーゼル車が1221万円となる(筆者撮影)

キャンピングカーにはさまざまなタイプがあるが、とくに幅広いユーザーから支持を受けているのがトヨタ自動車(以下、トヨタ)の商用バン「ハイエース」をベースとするモデル。多くは、外装をあまり変更しない「バンコン(バンコンバージョン)」タイプが主流だが、少数派ながら外装を大きく変更した「キャブコン(キャブコンバージョン)」というタイプも存在する。中でも誕生から20年の歴史を誇り、根強い人気を誇るのが「ファンルーチェ(Funluce)」というブランドの「セレンゲティ525」だ。

この記事の画像を見る(33枚)

セレンゲティ525とは?

シェル部分に入った“Serengeti”のロゴ。このモデルは、走破性・居住性に優れたファンルーチェのフラッグシップモデルとなる
シェル部分に入った“Serengeti”のロゴ。このモデルは、走破性・居住性に優れたファンルーチェのフラッグシップモデルとなる(筆者撮影)

キャブコンは、一般的にトヨタのキャンピングカー専用シャーシ「カムロード」をベースとする大型の高級モデルが多い。それらと比べ、このモデルはハイエースをベースにすることで、走行安定性がより高く、外装もスタイリッシュにできるなどの利点がある。しかも室内には、常設ベッドや広いリビング、キッチンなど、本格的で使い勝手もいい装備が満載。バンコン仕様のハイエース・キャンピングカーとは一線を画す、快適なクルマ旅を味わうことが可能だ。

ここでは、そんなセレンゲティ525の最新モデルを「ジャパンキャンピングカーショー2024(2024年2月2~5日、千葉県・幕張メッセ)」で取材。多くのユーザーから長年親しまれている熟成の装備群や、今後導入を検討中の新アイテムなどを紹介する。

次ページバンコンとキャブコンでは何が違うのか?
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【浪人で人生変わった】30歳から東大受験・浪人で逆転合格!その壮絶半生から得た学び
【浪人で人生変わった】30歳から東大受験・浪人で逆転合格!その壮絶半生から得た学び
【逆転合格の作法】「日本一生徒の多い社会科講師」が語る、東大受験突破の根底条件
【逆転合格の作法】「日本一生徒の多い社会科講師」が語る、東大受験突破の根底条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT