「青と黄色のVポイント」で変わる事、変わらない事 さらに競争が激化する「共通ポイント」サービス

拡大
縮小
Vポイント
渋谷駅前の「SHIBUYA TSUTAYA」でも新しいVポイントをPR(筆者撮影)
この記事の画像を見る(5枚)

カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が運営する「Tポイント」と三井住友カードの「Vポイント」が統合した「青と黄色のVポイント」が、4月22日にスタートする。これによって今までのTポイントやVポイントはどうなるのか? 気になる新しいVポイントのサービスについて解説する。

TポイントとVポイントについておさらい

Tポイントは2003年からいち早くサービスを開始した共通ポイントのパイオニア。そのため認知度が高く、約7000万人のアクティブユーザーを抱える。その一方で加盟店は国内15万店に止まり、近年ではポイントの強みにやや陰りが出つつあった。

その大きな理由として、2019年11月に大手コンビニの中で唯一、Tポイントが貯まるファミリーマートがマルチポイントを開始し、dポイントや楽天ポイントでもポイントが貯まるようになったことが挙げられる。

加えて2022年3月末には、通話や通信料で貯まっていたソフトバンクのTポイントの付与が終了。新しいポイントの「ソフトバンクポイント」(PayPayポイントに交換可能)へと移行した。

その時には楽天モバイルは楽天ポイント、ドコモはdポイント、auはPontaという体制が出来上がっていたので、Tポイントは携帯キャリアの後ろ盾を持たない形になった。このことからTポイントの先行きが不安視されていたところ、2023年6月にVポイントとの統合が発表されたというわけだ。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT