わずか3~4年「検診受けなかった」彼に起きた悲劇 40代で死を意識した医師が後輩に遺した「言葉」

✎ 1〜 ✎ 23 ✎ 24 ✎ 25 ✎ 最新
拡大
縮小
40代で肺がんがわかった医師が筆者に残したメッセージとは(写真:nonpii/PIXTA)
「親としてやり残したことがたくさんあるのに」「自分が死んだら意味がないよ」。わずか3〜4年、がん検診に行かなかった間に、末期の肺がんが見つかった働き盛りの40代医師は、悔やみきれない様子で語った――。
これまで1000人を超える患者を在宅で看取り、「最期は家で迎えたい」という患者の希望を在宅医として叶えてきた中村明澄医師(向日葵クリニック院長)が、若い人たちにも知ってもらいたい“在宅ケアのいま”を伝える本シリーズ。
今回のテーマは、がん検診。コロナ禍の受診控えの結果、進行がんが見つかった60代女性や、仕事優先で検診を後回しにした数年で、がんが進行した40代医師の例から、検診の重要性を考えていきたい。

介護で検診を受けずにいたら…

同居する母親の介護を、4〜5年にわたって支えてきたAさん(60代)。

私はAさんの母親の担当医で、母親の主な介護者であるAさんとは、日頃から接する機会がありました。いつも母親のことを気にかけて寄り添ってきたAさんに、がんが見つかりました。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT