丸亀製麺のトリドール「ラーメン」で中国に再挑戦 実はうどんの"捲土重来"もあきらめていない

拡大
縮小
丸亀製麺 中国撤退 ラーメン ずんどう屋
丸亀製麺の親会社、トリドールホールディングスはラーメンで中国に再挑戦する(左)写真:西村尚己/アフロ(右)トリドールホールディングス提供

うどんの「丸亀製麺」を展開する外食チェーンのトリドールホールディングス(以下、トリドール)が4月8日、豚骨ラーメンの店を中国・上海に出店する。

同社は2012年に丸亀製麺で中国進出し、ピーク時には69店舗を展開していたが、2022年に全店閉店した。

「はなまるうどん」も同年中国から撤退した。ニューヨークで1杯3000円でも大盛況だと伝えられるラーメンに比べると、うどんは外国人受けしないのか? 中国市場でうどんを引っ込めて、ラーメンで勝負をかけるトリドールに、鞍替えの理由と勝算を聞いた。

はなまるうどんと同じ年にひっそり撤退

2022年9月、はなまるうどんの中国撤退が親会社である吉野家ホールディングスの臨時報告書から明らかになった。

2011年に中国に進出したはなまるうどんは、2018年9月には37店舗まで増やし、マレーシア、インドネシアにも出店した。しかしいずれの市場も2020年以降に撤退し、2022年に海外店舗はゼロになった。

はなまるうどんの海外撤退は大きな話題になり、積極的に海外進出を図る丸亀製麺と「明暗が分かれた」と分析する記事も出た。はなまるうどんだけが目立ってしまったが、実は同じころ、丸亀製麺も中国から“サイレント”撤退していた。

2012年3月に中国に進出した丸亀製麺は、ピーク期の2018年には69店舗を出店していた。その後、2021年2月にトリドールは中国本土で丸亀製麺を展開してきた合弁会社の合弁を解消し、2022年10月までに全店閉店した。

関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT