有料会員限定

成否未知数のGX戦略、政府は柔軟に軌道修正を 原発回帰が再エネ拡大抑制、水素はコスト難題

✎ 1〜 ✎ 252 ✎ 253 ✎ 254 ✎ 最新
拡大
縮小
JERA碧南火力発電所のアンモニア貯蔵用タンク
JERA碧南火力発電所のアンモニア貯蔵用タンク。石炭火力発電所で水素化合物のアンモニアを石炭に混ぜて燃やし、CO2削減を狙う(記者撮影)

「GX(グリーントランスフォーメーション)」と呼ばれる脱炭素化政策に関連した法律が、一通り出そろった。

排出量取引の導入などを定めた「GX推進法」や原子力発電推進を盛り込んだ「GX脱炭素電源法」が昨年成立したのに続き、政府は2月13日、「水素社会推進法案」および「CCS(二酸化炭素〈CO2〉の分離回収・貯留)事業法案」を閣議決定した。両法案は今国会での成立を目指している。

前述のGX推進法に基づき、政府は「GX経済移行債」として10年間に20兆円の国債を発行する。2月には第一弾として約1.6兆円分が発行され、国を挙げてのGXへの取り組みが始まった。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料法人プランのご案内