有料会員限定

「不適切にもほどがある」ニッポンの商取引慣行 このコンプライアンスはもっと徹底していい

✎ 1〜 ✎ 253 ✎ 254 ✎ 255 ✎ 最新
拡大
縮小
下請け企業の謝罪イメージ
(写真:freeangle/PIXTA)

年初からお茶の間の話題をさらったコメディードラマ番組「不適切にもほどがある!」。昭和のダメ親父が2024年にタイムスリップし、ハチャメチャな昭和的“不適切”発言で、コンプライアンスでがんじがらめになった令和の停滞した世の中をかき回す痛快さが大受けした。

ところで目下、日本経済で最大の注目点の1つといえば春闘の行方だが、実はここでもコンプラが重要なファクターになっているのをご存じだろうか。

賃上げ促進のコンプラ

33年ぶりに5%超(定期昇給込み)の賃上げを実現した大企業に続き、中小企業でも高い賃上げ率が実現するかが焦点だが、その際、陰の主役を演じるのが昨年11月末に内閣官房と公正取引委員会が公表した「労務費の適切な転嫁のための価格交渉に関する指針」だ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内