「江ノ電」が50年前の車両も使い続けるワケ

乗客1700万人!「江ノ電」の強さの秘密①

お客様の快適を考え、安全性を損なわないかぎりは、風景を楽しんでいただきたいと考えているわけです。

廃線の危機をいかに乗り越えたか

――今では大勢の観光客が訪れる江ノ電も、かつては廃線の危機がありました。

路面区間を走り抜ける江ノ電

社会の流れとして、どこの中小鉄道もそうした危機があったと思いますが、当社の場合も廃線が検討されたことがありました。

高度成長期に沿線の開発が進み、住宅地が増えたことで定期利用のお客様は増加したのですが、観光のお客様が減っていった時期があったのです。周辺地域の道路整備が進み、通勤通学の足が鉄道からバスへと変わっていったことも経営難に拍車をかけました。

しかも、この時代にはマイカーブームがあり、ますます鉄道の利用客が減少していったのです。

1963年4月には、ついに、江ノ電の廃線について社内で具体的な検討が始まってしまいました。

つまり、現在、全国のローカル線が陥っているのと同じく、地元の人々が車による移動を中心としたため、江ノ電も廃線の危機を迎えたわけです。ただ、このときの廃線計画はなかなか決まりませんでした。

――それはなぜですか。

その理由は、鎌倉・藤沢地域の宅地開発が進展していたからです。不動産開発は鉄道の存在と密接に関係があるため、廃線にすることが得策かどうか議論は分かれ、結論が出ないまま時間が過ぎていきました。

さらに、車の交通量が急激に増え渋滞が問題化したことにより、鉄道の定時性が見直されたことも、江ノ電の存続にとって追い風となりました。

つまり、安定的に確実に輸送する鉄道の公共性が、江ノ電を廃線から救ってくれたわけです。

そして、江ノ電を決定的に復活させてくれたのが、昭和50年代(1975年~)に入ってからのテレビの青春ドラマでした。1976年に「俺たちの朝」が日本テレビ系列で放映されると、「極楽寺へ行けば幸せになれる」という評判が立ち、観光のお客様が激増します。

再び、観光客が増加するようになって、江ノ電は今日の観光鉄道として生き残りへの道が開けることとなったのです。

(写真撮影:今井 康一)

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 買わない生活
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT