有料会員限定

トヨタ販売店の信頼を揺るがす1万件の過大請求 不正車検と重なる背景、直営モビリティ東京も

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 最新
拡大
縮小

系列販売会社の過大請求は現場の繁忙も一因で、不正車検の背景と重なる。

ネッツトヨタ販売店の外観
ネッツトヨタ千葉は自社の板金塗装工場で過大請求が発覚した。写真は同社の販売店の1つ(写真:記者撮影)

特集「絶頂トヨタの試練」の他の記事を読む

今期の純利益計画は過去最高の4.5兆円と絶好調のトヨタ自動車。だが、競争力の源泉であるグループ各社で不正が相次いでいる。試練を乗り越え成長を持続できるのか。『週刊東洋経済』3月23日号の第1特集は「絶頂トヨタの試練」だ。

※2024年3月18日10:00まで無料で全文をご覧いただけます。それ以降は有料会員限定となります。
週刊東洋経済 2024年3/23号(絶頂トヨタの試練)[雑誌]
『週刊東洋経済 2024年3/23号(絶頂トヨタの試練)[雑誌]』(東洋経済新報社)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。定期購読の申し込みはこちら

中古車大手ビッグモーターの保険金不正請求で注目を集めた板金塗装修理。その修理費の過大請求がトヨタ自動車の系列販売会社でも相次いで発覚している。

東洋経済の独自集計では、トヨタの国内9販社で計1万0566件に上ることがわかった。過大請求の内容は大きく2つ。

車の塗装の最終仕上げであるクリア塗装において、通常仕様のクリアで作業したのに、すり傷がつきにくい高額の高機能クリアとして請求していたケースと、車体の表面に施すベース塗装において、油性塗料で作業したのに、高額な水性塗料として請求していたケースだ。

地場販社で最初に発覚したネッツトヨタ茨城では2022年12月までの4年間で2699件あった。

作業内容と請求内容に齟齬

クリア塗装では車種や年式、カラー番号によって、通常仕様と高機能のどちらで作業するかが決まる。

本来はメーカーから提供される情報に基づき作業を行う必要があったが、同社では、作業者の判断でクリア塗料の種類を決めることができた。作業内容を確認する仕組みが不十分だったこともあり、通常仕様で作業を行ったものの、見積もりに記載されていた高機能のまま請求していたと説明する。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料法人プランのご案内