トヨタ、3カ月でつまずいた「目玉人事」

緊急会見で豊田章男社長は何を語ったか

グループの従業員34万人を抱えるトヨタ。19日の緊急会見で目立ったのは、豊田社長が「子供」を信じる姿勢だ。ハンプ容疑者について、「部下とのコミュニケーション能力や、日本のトヨタや日本に溶け込もうと努力していた」と評価した。一方で、「海外拠点に日本人社員が赴任することはあったが、日本国籍でない役員が日本に常駐するのは初めてのケースだった。ハンプ氏をサポートする準備が、会社として多少不足していたのかなと反省している」とも述べた。

トヨタは接見した弁護士を通じてハンプ容疑者の話をおそらく把握していると思われるが、「証言内容や接見内容は捜査にかかわるので控える」としており、何をもって豊田社長が、 「(今後の捜査で)法を犯す意図はなかったということが明らかにされると信じている」と話しているのかは分からない。

逮捕翌日に会見を開いたワケ

実際、「現時点で、私どもが把握している事実は限られており、十分なご説明ができるかわかりませんが、まずは私自身、自分の言葉でご説明することが大切だと考え、こうした場を急きょ設けさせていただきました」と豊田社長が冒頭に語った言葉通り、逮捕翌日とあっては、具体的な説明が難しい。

4月に開いたトヨタの新任役員の会見。

このため、ハンプ容疑者がオキシコドンを「鎮痛剤」として使用する必要があったのか、今後の処遇などの質問に対しては、「今は捜査に全面的に協力する」「法を犯す意図がなかったということが明らかにされることを信じている」と繰り返すしかなかった。それでも、早々に社長自らが報道陣の前で説明したのは、2010年の米国でのリコール問題の際、社長による説明が遅れたことで批判を招いた反省があるからだろう。

会見中に豊田社長が繰り返し、力を込めたのは「今後も真のグローバル企業になるため、国籍や性別に関係なく適材適所の人材配置を進めていく」というフレーズだった。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の株入門<br>『会社四季報』公式!銘柄ガイド

コロナ禍で株価が激動、将来不安や在宅勤務で「株デビュー」する人が増えています。チャートの読み方、お得な優待銘柄、ネット証券の選び方など株式投資の入門情報を満載。四季報最新号のランキングによる銘柄選びも。

東洋経済education×ICT