政倫審は国民が納得できる結果だったか疑問 除名にはあたらないが、政治的責任について処分検討

拡大
縮小
派閥の裏金事件を巡る政治倫理審査会や安倍派幹部らの処分について議論を交わした(写真:FNNプライムオンライン編集部)
自民党の田村憲久政調会長代行と、立憲民主党の長妻昭政調会長、日本維新の会の藤田文武幹事長が3日、フジテレビ系『日曜報道 THE PRIME』(日曜午前7時30分)に出演し、派閥の裏金事件を巡る政治倫理審査会や安倍派幹部らの処分について議論を交わした。

混乱の政倫審…“裏金事件”実態解明は?

FNNプライムオンライン「日曜報道 THE PRIME」(運営:フジテレビ)の提供記事です

この中で、田村氏は、捜査機関が起訴できなかった案件で新たな事実を見いだすことは難しいとの認識を示す一方、政倫審に出席した議員の対応について、「国民が納得できる結果かどうかは疑問が残る」と述べた。さらに、党紀委員会の副委員長を務める田村氏は、今後の処分の見通しについて、「除名にはあたらない」との認識を示す一方、政治的責任について処分を検討する考えを示した。

また、長妻氏は、「(政倫審での発言は)相当ウソがあるのではないかと思う。(キックバックの実態を)事務総長が知らないはずがないと思う」と指摘。藤田氏は、政倫審を通じて「派閥の幹部が責任を取る姿勢が全くないことを国民がよくわかった」「政治家が責任を取る仕組み作りが必要だ」と強調した。

一方、番組コメンテーターの橋下徹氏は、裏金作りの実態を解明するには二階派のトップを務めた二階元幹事長の証人喚問が必要との認識を示した。

関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT