「休日はすべて有給」驚きの社員のモチベアップ法 話題の2代目社長の「人を大切にする経営」哲学

拡大
縮小
中央シャッター 横引シャッター 市川慎次郎
中央シャッター/横引シャッター社長の市川慎次郎氏(撮影:ミヤジシンゴ)
人材活用の方法にスポットが当たっている中央シャッター/横引シャッター。2代目社長は、創業者である父の「人を大切にする経営」哲学を守りつつ、最大9億円もあった借金を返済し、経営を軌道に乗せています。その手腕をつづった『新入社員は78歳 小さな会社が見つけた誰もが幸せを感じられる働き方』より、中小企業だからこそできる人材活用の仕組みについてご紹介します。

中小企業は知恵と工夫で人を惹きつける

これまで私たちの会社は数々のメディアに出させてもらいました。これだけ注目してもらえたのは、私たちの会社の人材活用の仕方が珍しいからでしょうか(私は特別なやり方だとは思っていませんが)。

社員が10人になってから考えた、「社員が自慢できる社長になりたいし、その延長で社員が自慢できる会社にしたい」を実現するために必要なのは知恵と工夫です。

お金と人材に余裕がある大手ならできることはたくさんありますが、中小企業はそういうわけにいきませんから、自分たちの知恵と工夫でつくり上げていくしかありません。

ただ、人の幸せというのはそれぞれで、ホテルの最上階でフランス料理を食べるのが幸せという人もいれば、「そんなのは苦痛だ、俺は居酒屋で焼酎を飲んでいるほうがいいんだ」という人もいます。

休みたいときに休める自由な会社がいいという人もいれば、プライベートの時間なんかいらないから働けるだけ働きたいという人もいます。

社員の幸せ感もそれぞれだから、あの手この手を考えます。何かをしたら、そのときに社員の顔をよく見ておくのです。喜んでいるのか、そうでないのか。大半の人が喜んでいるなら続けるし、そうでなければすぐにやめてしまいます。

そこに手間をかけるのが当たり前という前提で私は考えています。手間をかけたぶんだけお金がかからない、手間をかけないならお金をかけるしかない。どっちかです。お金がかけられないなら手間をかければいいだけです。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
【浪人で人生変わった】30歳から東大受験・浪人で逆転合格!その壮絶半生から得た学び
【浪人で人生変わった】30歳から東大受験・浪人で逆転合格!その壮絶半生から得た学び
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT