エネオスHD、異例の「東燃出身」社長が誕生の深層 セクハラ解任の後始末で「黒バット」文化も激変

拡大
縮小
宮田知秀ENEOSホールディングス次期社長(右)と、山口敦治ENEOS次期社長(左)。非日石、製造畑出身のトップが選任された(撮影:尾形文繁)

 ENEOSホールディングス(エネオスHD)は2月28日、東燃ゼネラル石油出身の宮田知秀副社長(社長代行)が4月から社長に就任する人事を発表した。

同日、記者会見に臨んだ宮田氏は、「一連の不祥事でグループの信頼を失望させた」と謝罪したうえで、「自分はそういうこと(不適切行為)は一切しない」と宣言した。

エネオスHDでは2023年12月、懇親の場で同席していた女性に抱きつくというセクハラ行為により斎藤猛社長が解任され、社長ポストが空席になっていた。

女性関連の不祥事が3度続く異例事態

2022年8月には、当時の杉森務会長が沖縄の飲食店で女性従業員に性加害を加える事件を受けて辞任。今年2月には子会社のジャパン・リニューアブル・エナジーの安茂会長もセクハラ行為で解任されるなど、経営トップによる女性関連の不祥事が3度続く異例の事態。

今回の新社長の人選では、会長をはじめとする社内取締役や執行役員から候補者が推薦され、優先順位をつけられ指名諮問委員会に提示された。第三者機関が現在や過去の同僚や部下らにヒアリングし、本人へのインタビューや性格診断テストなども加えて適性を審査した。

指名諮問委員会では「社外からの招聘も検討すべきでは」との意見も出たが、最終的に「(会社から提示された)優先順位は妥当と判断した」(指名諮問委員会の工藤泰三委員長)という。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT