ペンタックス身売りで終わらない“デジカメ再編ドミノ”

ペンタックス身売りで終わらない“デジカメ再編ドミノ”

号砲が放たれた。リコーは7月1日、HOYAから「ペンタックス」ブランドで展開するデジタルカメラ事業を買収すると発表した。HOYAがデジカメ事業を切り離して設立する新会社を、10月1日をメドに完全子会社化する。ペンタックスブランドは維持する考えだ。買収額は未公表である。

業界12位のリコーと11位のペンタックス。両社合わせても年間のデジカメ販売が200万台程度と、「最後尾集団」は変わらない。ただ、小粒とはいえ、今回の買収は波紋を広げそうだ。価格競争に苦しむ下位メーカーの再編を促す可能性がある。

「バトンタッチできて、ほっとしている」。記者会見で、HOYAの鈴木洋CEOはこう語った。HOYAが2007年にペンタックスを買収したのは、内視鏡事業の獲得が目的。デジカメ事業は赤字続きで、本体業績の足かせだった。そのため、早い段階から売却先を模索していた。

鈴木CEOにリコーの近藤史朗社長が面会したのは、今から2年前。「このとき、(ペンタックスが今夏発売予定の)ミラーレスデジカメの企画を聞いた」と、近藤社長は明かす。初交渉の相手に、新製品開発の計画を披露するのは異例のこと。HOYA側が資金力豊富なリコーを売却先として“本命視”した会合だった、と見てよいだろう。

サムスンとは交渉決裂

ただ、HOYAは他メーカーとの交渉も続けた。09年には、韓国サムスン電子に打診したもよう。同社に対してはかつて、ペンタックスのデジカメボディを供給していた実績がある。「売却提示額は当初500億円だった。折り合いがつかずにすぐに200億円に引き下げたが、それでもサムスン側は『高い』と判断したようだ」(関係筋)。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 住みよさランキング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT