ペンタックス身売りで終わらない“デジカメ再編ドミノ”


 10年秋には、台湾の受託製造アジア・オプティカル・グループとも接触があったとみられる。しかし、こういった海外勢はしだいに興味を示さなくなった。

一方のリコー。事務機器など法人向け事業が、2兆円近い売上高の大半を占める。そのため、「消費者向け事業の確立が課題」(近藤社長)。実際、デジカメ事業は売上高200億円弱(推計)にすぎず、赤字にあえぐ。製品評価は高いものの、一眼レフを手掛けていないなど品ぞろえの少なさが弱点だ。ただ、カメラは1936年からの祖業の一つであり、「撤退はない」というのが社内の共通認識だ。

ペンタックスを取り込めば一眼レフからミラーレス、コンパクトとラインナップがそろう。ペンタックスが合理化徹底で10年度に黒字を確保したこともあり、リコーは買収を決断。今後は新興国を軸に拡販することで、3年後のデジカメ事業の売上高を1000億円と、現在の両社合算の2倍に増やす算段だ。

オリンパスが焦点に

再編の策動はほかにもある。テクノ・システム・リサーチの大森鉄男氏は「アライアンス構築に向けた動きが水面下で活発化している」と語る。

注目は、業界7位のオリンパスと9位のカシオ計算機だ。オリンパスの10年度のデジカメ事業(映像機器事業)は150億円の赤字。カシオも同60億円赤字と苦しい。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT