義理兄が光源氏に「女遊びを教える」驚愕の行為 現代人には「つっこみどころ」もある源氏物語

拡大
縮小
光る君へ 大河ドラマ 源氏物語
(イラスト:花園 あずき)
大河ドラマでも話題の『源氏物語』。現代人の感覚からすると、ツッコミをいれたくなるような、コミカルな要素もある作品です。そんな奥深い源氏物語の魅力を解説した『東大生と読む 源氏物語』を上梓した西岡壱誠氏が、4人の男性が集まって女性について語り合う「雨夜の品定め」を紹介します。

みなさんは「源氏物語」に対して、どのようなイメージを持っているでしょうか?

紫式部の波乱の人生を描いた2024年の大河ドラマ「光る君へ」(NHK総合、日曜20時~)の放送が始まり、紫式部が書いた世界最古の長編小説「源氏物語」に多くの注目が集まっています。

読んだことがない人はきっと、「壮大な物語なんだろうな」「硬くて難しそう」「文学作品として完成度の高い物語なんだろうな」というイメージを持っていると思います。

実際、源氏物語は人間の恋と愛・男女の本質を描く、奥深くて文学的な小説です。現代の人が読んでも、つい涙を流してしまうような、素晴らしい作品だと言えます。

ですが、54帖にも及ぶ長編の物語なので、実際にはコミカルなシーンもいくつかあります。

4人の男性が集まって「品定め」をする

今回は、僕が源氏物語中屈指のギャグシーンのオンパレードだと思っている、「第2帖・帚木」の一幕である、「雨夜の品定め」をご紹介したいと思います。

このシーンでは、4人の男性が集まって「品定め」をします。「品定め」なんてかっこいい名前が付いていますが、品定めする対象は、女性です。

このシーン、言ってしまえば、男性が集まって猥談しているシーンなのです。

しかもここでの登場人物は、みんな光源氏よりも年上のお兄さんたちです。ということは、「お兄さんたちが、女遊びの基本を教えてあげよう!」という描写なのです。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT