ココスの「858円朝バイキング」で過ごす至福の時間 おいしいと楽しいが揃った、さすがすぎるメニュー

✎ 1〜 ✎ 64 ✎ 65 ✎ 66 ✎ 最新
拡大
縮小
ファミリーレストランココスの朝食バイキングは食べ放題で858円。写真は2023年11月のものです(筆者撮影)/配信先サイトでは写真をすべて見られない場合があります。本サイト(東洋経済オンライン)内でご覧ください
この記事の画像を見る(19枚)
喫茶店やレストランが、朝の時間帯にドリンクやトーストなどのメニューを割安価格で提供するモーニングサービス。名古屋の喫茶店が始めた文化とされていますが、最近では大手外食チェーンも数多く提供しています。
そんなチェーン店の外食モーニングをこよなく愛するライター・ブロガー、大木奈ハル子さんがお届けする本連載。第65回となる今回、訪れたのは「ココス」です。

朝だけに提供される飲食チェーンの朝限定メニュー、いわゆる「モーニング」には、実にさまざまなお店が朝メニューに参入しています。ハンバーガー店に牛丼チェーンにファミリーレストラン。カフェに焼肉に立ち食い蕎麦にドーナツショップ。

集客の弱い時間帯である午前中の売り上げを強化すべく、朝の数時間だけ提供される限定メニューの数々は、コスパ抜群かつ店の特色が強く表れ、どれも魅力にあふれています。

今回は、ファミリーレストラン 「ココス(COCO'S)」のモーニングをご紹介します。

超人気!ココスのモーニング

2024年2月に利用した朝食バイキング。目当てはワッフルです(筆者撮影)

SNSなどで「あのお店のモーニングがおすすめだよ」「このお店の取材をしてほしい」と、最も声があがるのが、「ココス」の朝食バイキングです。

一部店舗限定のメニューではあるものの全国200店舗以上で実施され、1000円以下で食べ放題という、お手頃な価格設定と、焼きたてパンを含むこだわりのメニューは、多くのファンを獲得しています。

次ページココスの朝食バイキング
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT